<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

cusco

c0024558_19143235.jpg

世界遺産の街、クスコは美しかった。

街の道路は石畳で作られていて、年代物のポンコツ車がその上を走ると“タカタカ…”とかわいい音がする。路は車のタイヤでピカピカに削れられていて、同じところを車は通るから轍が出来ている。建物の壁も石を積み重ねたものを見かける。

それには歴史があって、かつてこの地に暮らしていたインカ族が、この石組みを築いたらしい。十五世紀、インカ帝国はアンデス全域を制圧し繁栄を極めた。しかし十六世紀にはスペイン人がクスコに侵略し、既存の建物や文化、宗教を徹底的に破壊した。今のクスコの街並みは、インカの精密な石組みの上にスペイン人が作ったものである。

歴史はどうであれ、このクスコはリマよりも数倍、美しい。
山肌には集落があって、夜もまた眺めが美しい。

まだ高山病が続いていて、歩くだけで息切れがしてくる。
泊まった宿でコカの葉でできた“コカ茶”をご馳走になった。高山病に効くらしい。しかしこのコカ茶を飲むと葉の香りが強くて、昆虫になった気持にさせられる。

クスコは欧米からの観光客が多いようで、リマと比べても物価も高い。〈マチュピチュ〉から近いこともあって、この街は“観光地”であった。そして車の排気ガスもすごい。街は美しいが長く滞在する場所ではない、そう思った。明日はいよいよ列車で4時間かけてマチュピチュ村へ向かう。

アンデスの谷や山あいで暮らす人々のことを思った。バスの中から眺めた壮大なアンデスの風景を思った。この街よりも、あのバスの中で一晩眺めた景色の方が好きだった。

ごつごつした岩山に立つサボテン、明け方眺めた砂漠ような厳しい土地。
その地で暮らす人々は、どのようなことを考えて生活しているのだろうか。
[PR]
by francis-sp | 2008-09-29 19:41 | A day in the life

Buena Vista

c0024558_14111369.jpg
c0024558_14112375.jpg
c0024558_14115525.jpg
c0024558_14131969.jpg
c0024558_14132921.jpg

[PR]
by francis-sp | 2008-09-15 14:10 | A day in the life

viaje del autobús

c0024558_1465688.jpg

ペルーの〈リマ〉から世界遺産の街である〈クスコ〉へ、長距離バスで約21時間かけて移動した。この旅は、この先々で国や街を幾度となくバスで移動するという、南米の旅の始まりであった。

南米のバスの旅は、生きている物を決して寄せ付けない荒涼とした大地をひたすら走る旅であり、“雄大”という言葉だけでは表すことが出来ない壮大なスケールのアンデス山脈を、飽きもせずひたすら眺めて、その景色を私の中でなんとか飲み込もうとする旅であった。

バスの旅は盗難などのトラブルが多いと聞いていた。
リマのバスターミナルで、自分の荷物が無事にバスのトランクに収められたことを確認した。手荷物はトイレに立つときでも片時も離さなかった。しかしそれは大げさなことでも何でもなく、現地の人々もそうしている当り前のことだった。リマの街を歩くと、地元の人でもショルダーバックを前で抱えて歩いている。街中であからさまにカメラを出したりしない。

指定されたバスの座席に収まり、街のはずれを抜けてしまうと景色が厳しいものに変わっていった。私は窓の外の風景に釘付けになり、かつて見たことのない風景に圧倒されていた。荒涼とした大地にひたすら伸びる一本のハイウェイ。バスの中で流されるスペイン語に吹き替えられたアメリカ映画が、その窓のすぐ外に見える風景と、どこか不釣り合いに感じた。

乗客たちは映画を見て楽しんでいる。
彼らにとっては、それらの風景はごく当り前のものなのだろうか。

クスコは標高3399mにある街で、標高は日本の富士山とそう変わらない。バスはゆっくりとアンデスの山地へと進んでいく。空気が薄くなっているのか、少しずつめまいや頭痛がしてきた。きっと高山病の症状が出てきたのだろう。やがて日が沈み、辺りが闇に包まれていった。景色はライトが照らされるバスの足元しか見えない。気温が下がり始めバスの中も肌寒くなった。私はブランケットを取り出して、包まるようにして眠った。

そうなってくると、このバスに全てをゆだねるしかない。それにしても拭い切れない心細さと不安がある。バスが故障したり転落してしまったら、アウトだなと思った。生きていると実感できることは、今このバスが走り続けることだけだとも思った。
どうか無事に闇を走り続けてくれ、そして朝になってくれ。

明け方、目を覚まし驚いてしまった。目の前が沙漠だったのだ。

朝になり太陽が昇り始めると安心する。大地が明るくなり、そして暖かくなった。
日が照りつけていても構わないから、暗闇よりはまだマシだと思った。太陽のありがたみを感じる。

〈クスコ〉というインカの高山都市は、かつて太陽神を崇拝するインカ帝国の都として栄えたらしい。太陽を神として崇めたという意味が、少し分かった気がした。
[PR]
by francis-sp | 2008-09-14 01:41 | A day in the life

「チルアウト」って何だろう?

c0024558_1921257.jpg

-チルアウトは、休息自体が目的なのではなく、生活や仕事が輝いていた、その時間の意味を自分の中で腑に落とす、落ち着きどころを見つけるためのものだと思うんです。

-徹底的に絶望すると、底に着くことができる。そうすると、底が足がかりになって浮上していきます。中途半端に休んでも上昇のためのエネルギーは発生しませんから、チルアウトするなら、その前にまず、徹底的に踊り尽くさなければなりません。休息もまた、底を打つくらい徹底しなければ。自分の中の低い、暗い、冷たい魂の硬質な手応えを感じるくらいでなければ、意味がないと思うんです。だから心地よくチルアウトすることは、意外と難しい。

脳科学者/茂木健一郎 「BRUTUS」より


ここのところ遅くまで働いていたり、週末は徹底的に遊びつくしてた気がする。
胃がキリキリしたことが何度かあり、踊り尽くして眠ったことが何度かあった。
どん底まで落ちたこともあり、もうこれ以上悪くならないと思ったし、週末は家で休んでいる暇がないほど、仲間と遊んでいた。

オンとオフの落差が激しく、両者がはっきりしている。

ここらでちょっとチルアウトしましょうか。
優しい音楽をかけて、ベッドで大の字になり、いつの間にか眠ってしまえ。

今は地に足がついている。底の方で地道に待っていよう。きっといい波がやってくる。
そいつに上手く乗れれば、新しい何かを得た自分がいるような気がする。

『FJORDNE』 涼音堂茶舗 http://www.ryoondo-tea.jp/about.html
チルアウトするには、おススメです!
[PR]
by francis-sp | 2008-09-01 19:21 | 音楽

Que Rico!

c0024558_2313648.jpg

ペルーの首都リマは、半日も歩けば周れてしまうような小さな町だった。
リマの中心はアルマス広場とカテドラルがあって、それを中心に町が広がっている。見どころと言えば教会とかそれくらいしかない。

町を歩くと〈POLICIA=警官〉を多く見かけた。
治安は安定しているとは言えないのだろう。“カバンは前で抱えて持つように”、“腕時計は外していきなさい”、“あの橋から先へは決して行かないように…”宿の主人がそう忠告してくれた。街角には必ず警官が立っていて目を光らせている。彼らがこの町の秩序を保っているような印象があった。旅行者の私にはそれがありがたかった。

日本を旅立ってまだ一週間。いよいよ南米の旅がはじまった。
南米の国を歩くこと自体が、私にとって新鮮で刺激的だった。

この町は車の排気ガスで埃っぽくて、日本の真夏のように暑い。
くだけたバーみたいなところに入り、〈セルベッサ=ビール〉を飲んだ。“ここで休んでいいか?”みたいなことを聞いたら、若いメスティーソの青年は“構わないよ”という仕草で親指を立てた。この町は人種的には、白人とラテンアメリカの先住民〈インディオ〉の混血であるメスティーソが大半を占めている。女たちは肌が浅黒く豊満な肉体をしていて、暑いためか露出をしている人が多い。腹が出ていようが足が太かろうが、そんなことは気にしていない。どこからかノリのいいサルサが聞こえてきた。ラテンの国にやってきた気分にさせられる。
たまたま通りがかった店で〈セビッチェ〉というタコやサバ、豆、オニオンが入った魚介類のマリネを食べた。酢の味でさっぱりしていて、この暑い国にはよく合っている。水やパンやコーラを買ったりして、そうやってこの国の物価や紙幣に少しずつ慣れていった。

スペイン語は相変わらず分からないし知らない。英語もほぼ通じない。それでも人々に道を聞いてバス会社で一番安い〈クスコ〉行きのチケットを買うことが出来た。帰りも道に迷ったが、身振り手振りで通りの名前を言えば、誰もが親切に教えてくれた。彼らがそうであるように“グラシアス!”と笑顔で礼を言った。すべては“ノリ”で何とかなっている。

そんな南米の雰囲気は好きになれそうだった。南米は私に合っているのかもしれない。
そして私の中で“南米=危険”というイメージが、もっとポジティブなものに変わりつつある。

明日の夕方には世界遺産の街〈クスコ〉へ向かう。バスの旅は初めてだ。これを経験することでまた一つ何かを感じることができるだろう。

南米の旅を終えた数ヶ月後、スペインに渡った時、“お前はペルー人に見えるな…”としみじみ言われたことが何度かあった。黒髪に日焼けした肌、南米訛りのスペイン語を発する私を、彼らは“ペルー人に似ている”と思ったのだろう。

そう言われることは、南米で数ヶ月旅した私には、あながち嫌ではなかった。
[PR]
by francis-sp | 2008-09-01 01:02 | A day in the life


音楽、旅、本、サッカー、日常などをテーマにfrancisが気ままテキトーに語っています。本でも読むような感じで、ゆっくり見てくれたら嬉しいです。


by francis-sp

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

ライフログ

黄泉(よみ)の犬 (文春文庫)

Dis Is Da Drum

ライヴ

Live in Europe

Masterpiece

地の果てのダンス

3 Cities

THE WORLD OF TAIKO DUB

旅をする木

ワイルドサイドを歩け

今知りたい世界四大宗教の常識

カテゴリ

全体
A day in the life
秩父巡礼
インド旅行記
travel

音楽
today

最近
園芸ブログ
釣り入門
サッカー評論
ペニーレインでバーボンを
【庭】プロジェクト
未分類

お気に入りブログ

off the PITCH
*情熱大陸*ブラジルの写...
star name cafe

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧