<   2008年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Atlantic Ocean

c0024558_0504935.jpg

この日、大西洋をはじめて見た。

〈ニューヨークと海〉どこか似つかない感じだが、ニューヨークに来たからには訪れてみたかった。この“コニー・アイランド”はブルックリンの南端に位置している半島で、大西洋に面したビーチには遊園地もある。地下鉄に乗ってしまえばマンハッタンから1時間で来れる小さなリゾートだ。ニューヨーク出身のミュージシャンのルー・リードが、この“コニー・アイランド”のことを歌っている。

考えてみると、大西洋ってなかなかお目にかかれるものじゃない。

大西洋を見るためには、私のように北米大陸の東側に来なければならないし、南米大陸でもアルゼンチンとかブラジルのような東側にある国に訪れなくてはならないだろう。またはヨーロッパに渡って大陸の西の端にでも行けば大西洋を望むことが可能だし、好奇心さえあれば、アフリカ大陸からだって大西洋を眺めることが出来るはずだ。

しかしそれは、これから旅をしていく数ヶ月の間に、偶然にも私自身がそのような旅をしてしまうことになる。

それはブラジルのリオデジャネイロで、強烈な太陽を浴びながらブラジル女の惜しげもない肉体を眺めたイパネマ・ビーチであったり、あるときはヨーロッパの最西端、ポルトガルのロカ岬から眺めた紺碧の海であったり、またあるときは、モロッコの灼熱の大地を、タンジールから迷宮都市フェズへ向かうサウナのようなバスから確かに見えた大西洋だったりした。

私がはじめて見たニューヨークの大西洋は、どこか寂しげで、でも美しかった。

シーズンオフの人気のない海はただ風が強くて、ボードウォークを歩いている人間なんてどうせ暇を持て余している連中だけだ。バーが一軒オープンしていたがこんなところで一息つきたいとは思わない。遊び相手がいない遊園地の遊具が、風に揺られて軋む音が聞こえる。
黒い帽子、黒い服のジューイッシュの男性が一人、ビーチを歩いている。

どこか寂しいと思ったのは、それだけじゃなかった。

ニューヨークが春を迎える前でまだ寒かったこと、一人旅を始めたばかりでどこか感傷的だったこと、しかしそれは“寂しさ”の理由ではなかった。ニューヨークで一週間過ごしてみて感じてきたのは、私が作り上げてきたスタイリッシュで洗練された都会のニューヨークのイメージが、見事に崩れ落ちていくことだった。街を歩くたびに、地下鉄に乗るたびに、郊外へと足を延ばすたびに、想像していたニューヨークが姿を消していった。それがどこか寂しかったんだろうと思う。

代わりに、私が一週間そこでじっくり見えてきたニューヨークは、どこか人間臭くて、人間がこの街でしっかりと地に足を付けて、人間が力強く生きているというものだった。

私が見てきたニューヨークはほんの一部分かもしれない。
しかし私はその部分を知ることが出来て本当に良かったと思っている。心のどこかでそれを見てみたいという気持ちがあったのかもしれない。

どちらかと言えば、そんなニューヨークの方が、私は好きだ。
[PR]
by francis-sp | 2008-06-29 00:50 | A day in the life

God Bless You

c0024558_1852384.jpg

ここのところ毎朝、ホステルの近くのグロセリーでエッグサンドとコーヒーを買ってから散歩するようにしている。セントラルパークを少し歩いたら、ベンチに座りささやかな朝食を摂るのだ。それから今日という一日をどう過ごそうか考える。セントラルパークには犬を連れたおばちゃんたちや朝からジョギングしている人がいる。まだ肌寒い感じだが晴れていると気持ちがいい。

ニューヨークに来てから、このマンハッタン島は本当によく歩いている。

セントラルパークをずっと南下して、マジソン・スクエアを南に歩くとハングルの標識が目立ちはじめ、コリアンの姿が見られるようになっていった。やがて〈コリアン・タウン〉にぶつかった。さらにしばらく歩くと、今度はCanalStreetを中心に広がる有名な〈チャイナ・タウン〉がある。
このチャイナ・タウンはお昼時にお世話になった。飯が旨いからだ。

チャイナ・タウンを歩くと看板全てが漢字で中国人が普通に暮らしている。店に入ると中国特有の飾り付けがされていたり、路上には屋台が出ていたりする。通貨こそUSドルだが、それ以外の全ては中国だと考えてもいい。バンコクやサイゴンのチャイナ・タウンもそうだった。
異国に棲み付く彼らは、独特なエネルギーを放っている。熱を帯びたエネルギーを放っている。それが彼の強さだ。

洗練されたスタイリッシュな街、ニューヨーク。
私が抱いていたそのイメージは、この街を歩くたびに変わっていった。物乞いがいたり、独り言をいいながら歩いている人がいる。そこには色んな人間模様があり、人間が力強く生きている。“人間臭い”という言葉が、この街には似合っている。

東京という街を思い出してみると、そのような力強さを私は感じたことがない。

ニューヨークを歩いていると、ふと一瞬、どこの国に居るのか分からなくなる時がある。
アジアとかそんな国に居るような感覚が、ここニューヨークでも感じられるからだ。

ブロンクス区に行ってみたくてメトロに乗って〈Fordham〉という駅で降りた。地上に出ると黒人やヒスパニック系の人間がわんさか居て、街は人や車でごった返していた。ここも彼らの生活の場だった。“ここは観光で来る所じゃない”と肌で感じた。商店や車からノリのいいサルサが聴こえてきた。

ユースホステルに戻ろうとアップタウンへ向かうメトロに乗りこむとRapidに乗ってしまいマンハッタンの北、ハーレムまで行ってしまった。少しずつ乗客が少なくなり黒人の乗客が乗り降りするようになってきた。ここ近年、ハーレムの治安は改善されてきている。身に危険は感じなかったが、やはり観光で来るような場所じゃないと思った。

そんなことを考えながら、メトロのホームに突っ立って“くしゃみ”をすると、どこからか〈Bless you〉と声を掛けられた。“くしゃみ”をした私に声を掛けてくれたのは、近くで電車を待っていた黒人のおばさんだった。私は“Thank you”と言い笑顔を交わした。

アメリカの習慣で、誰かが“くしゃみ”をしたら、周りの人が〈Bless you〉と声を掛けてあげることがあるそうだ。“くしゃみ”をして口を開けている間に、悪魔が体に入り込むという言い伝えがあるからだそうだ。〈Bless you〉を訳せば、“あなたに神のご加護がありますように”という意味。中学の英語の授業でこの話を聞いたのを思い出した。

地下鉄の電車の中に〈Please PRAY〉という落書きを見つけた。
“祈りましょう”とか“どうか祈ってください”、そういう意味だろうか。私は、いつ誰がどのような気持ちでこの落書きをしたのか分からない。しかし、この〈Please PRAY〉という言葉がどこか印象に残った。

この言葉が、私が見た今のアメリカを表現しているような気がしたからかもしれない。
[PR]
by francis-sp | 2008-06-13 20:10 | A day in the life


音楽、旅、本、サッカー、日常などをテーマにfrancisが気ままテキトーに語っています。本でも読むような感じで、ゆっくり見てくれたら嬉しいです。


by francis-sp

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ライフログ

黄泉(よみ)の犬 (文春文庫)

Dis Is Da Drum

ライヴ

Live in Europe

Masterpiece

地の果てのダンス

3 Cities

THE WORLD OF TAIKO DUB

旅をする木

ワイルドサイドを歩け

今知りたい世界四大宗教の常識

カテゴリ

全体
A day in the life
秩父巡礼
インド旅行記
travel

音楽
today

最近
園芸ブログ
釣り入門
サッカー評論
ペニーレインでバーボンを
【庭】プロジェクト
未分類

お気に入りブログ

off the PITCH
*情熱大陸*ブラジルの写...
star name cafe

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧