<   2006年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

私の髪の毛、少し長くなりました。

c0024558_1849663.jpg

とりあえず本日を後まして、今年も半分が終わってしまいました。
明日から7月で後半戦です。今年も残りあと半年です。
何度も思うけど、時間の流れは早いです。

そんな感じで、この半年間を振り返ってみると、自分の将来やこれから先について、よく考えたり、自問自答することがとても多く、それはそれでとても大事な時間だったと思ってます。
そして最近も、自問自答の日々です。

といいつつも、ビートルズ来日40周年だったり、演歌に少し魅力を感じてしまったり、友達の結婚パーチーで弾き語りすることになったり、夏休みはさてどこいこうか考えたり、イベントでDJしたり、旅に出るときに聞いたら気持ちいい音楽を日々探したり、相変わらずへべれけであったりしています。やはり60年代は素敵です。

そして私の髪の毛、少し長くなりました。
そろそろ上司に怒られそうな気がしています笑

ではでは!!
[PR]
by francis-sp | 2006-06-30 19:03 | today

へぼサッカー評論~ワールドカップ・クロアチア戦を終えて


とりあえず、サッカー中心の生活してます。お蔭様で慢性的に寝不足です。
“ところで俺、こんなサッカー好きだったっけ??”というくらい、毎日TV観てます。

ドイツと日本は当然時差があるわけで、その時差というものが曲者なんです。
日本での試合開始時間が、ちょうど22時と25時と28時という、頑張れば観れてしまう時間帯…

もう大体の試合内容を忘れていますが、私なりの正直な試合評論。

・6月12日(月) E組 アメリカ 0 - 3 チェコ
日本代表の豪戦の後なのであまり覚えていません。TVつけながらなぜか両親宛に手紙を書いていました。すいません。

・6月13日(火) G組 韓国 2 - 1 トーゴ
やはり韓国は強い!安定したプレーを見せてくれる。特にFWはシュートを打って終わろうという、気持ちのこもったプレー。先制点を取られるものの、フリーキックにて同点へ追いつきます。同点に追いついた韓国はさらに強い!!彼らは同点にしたら必ず逆転します。韓国はそういうチームなんです。最後は、時間を上手く使っての確実な勝利。さすがです。

・6月13日(火) F組 ブラジル 1 - 0 クロアチア
丸くなったロナウドにびっくり!両チームともに精細を欠いていたような気がします。
“大して強くねーじゃん”と思いました。特にブラジルの攻撃陣は楽しみにしていただけに期待はずれ。前半を見て就寝。

・6月14日(水) H組 スペイン 4 - 0 ウクライナ
サッカーはTVから目をそらすと、すぐに点が入ってしまいます。いいプレーを見逃します。それを思い知らされました。トイレにいっていたり、後半開始早々に点が入ったり、ゴールシーンを見逃してばかりでした。
スペインもウクライナのFWシェフチェンコに仕事をさせず。完全に押さえ込みました。このように、ヤバいストライカーが居ても、その人に仕事させなかったり、放り込んでくる人間を押さえ込めば、十分勝てるのです。
そんな試合をよく目にする今日この頃。

・6月14日(水) H組 チュニジア 2 - 2 サウジアラビア
たぶん眠くて試合の内容は覚えていませんが、“こいつらやたら身体機能高いな!”そんな感想を持った気がしています。

・6月15日(木) A組 エクアドル 3 - 0 コスタリカ
うーん全く覚えてないですね。こんなに得点入ったのに。たぶん眠かったんだろうな。

・6月15日(木) B組 イングランド 2 - 0 トリニダード・トバゴ
当然ながらトリニダード・トバゴを応援。トリニダード・トバゴにとっては旧宗主国である英国には負けられない一戦!こういうのって結構燃えます。
イングランドが一方的に攻め込みますが、トリニダード・トバゴもよく守る。後半も残りわずかなところ、英国のデカいFWがようやくヘディングを決めて先制点!その後のジェラードもミドルから豪快に決めてUKの決勝トーナメント出場決定。

・6月17日(土) D組 ポルトガル 2 - 0 イラン
イランを応援していましたが、あんまり覚えてないっすね。つまらなかったのかな?

昨日はクロアチア戦でした。日本の選手は本当によく戦った。勝負の世界だから勝ち負けが全て。だから甘い言葉は掛けたくないが、選手達は日本を代表して本当によく戦ったと思います。豪戦より全然いい試合をした。感動すらした感があります。
日本は残るはブラジル戦。少なくとも2点差で勝たなくてはいけないようです。
しかし自力出場の道が残されている限り、我々は諦めちゃいけない。勝利を信じて応援するしかないのです。
[PR]
by francis-sp | 2006-06-19 20:03 | サッカー評論

へぼサッカー評論~ワールドカップ・ドイツ大会・豪戦を終えて

c0024558_18183480.jpg
とりあえず日本の初戦が終わりました。日の丸の入ったシャツを着て、オージーワイン(白)を飲みながら観戦しました。
W杯が開幕し、これまでヨーロッパの良いゲームを観てきたので、日本のスピードや判断の遅さやが目立ってしまい、前半そうそう日本サッカーのレベルの低さを痛感してしまいました。
そして結果惨敗でしたが、色んなことが分かってきました。

・6月12日(金) F組 日本 1 - 3 オーストラリア
とりあえず日本のDF陣はこれ以上ないくらい、よい守備をしていたと思います。豪のデカいFWを相手に日本は当たり負けしていなかったし、マークもきっちりしていました。センターリングもぼんぼん放り込まれましたが、“とりあえず当たり負けはしない!”という厚い守備でした。高さで勝負してくるチームはある意味封じやすいのです。
GK川口もファインセーブを連発し、守備面に関しては前半は安心して観ていられました。
一方、FWのプレーを観ていると、相手DFとの当たり負けが目立ち(これは仕方ないが)、再三カウンターを狙うものの意図の分からないセンターリングや、FWが積極的にシュートを打っていかない場面があり、やや消極的に思えるプレーが目立ちました。挙句の果てには相手へパスをしてしまう始末…。

そんな日本の攻撃を観ていて思ったのは、もうこれは精神的なものではなく、実力の差なんだってことです。個々の選手の技量や経験の差なんだってことです。日本のFWはシュートを打たないのではなく“打てない”のです。きっと日本のFW陣は切り込んでいってシュートを打つ気持ちはあっても、ゴールが入る気がしていないのだなと。イメージがないのです。そういったプレッシャーの中で、自分より強いDFを相手にして、これまでシュートを打った経験がないし、そのためのテクニックもない。だからシュートを打てるのは、ノーマークで打てるミドルシュートのみ。きっとそうなんだろうなと思っていました。
とは言え先制点が生まれたのは、FW陣がまだ元気な時間帯に、積極的にボールに向かい相手GKやDFに背っていったことからだと思います。

とりあえず私が思うに、後半39分の豪の同点ゴールまでは日本は強かった。しかしオーストラリアは更に日本よりも強く、それに太刀打ちできる力が無かったのです。
ただそれだけだと思います。

しかしまだ日本のワールドカップは終わっていません!!
かなり厳しい状況は間違いないですが、何が起こるか分からないのがサッカーです。
それに期待するのも酷ですが、日本の優勝を願って応援します☆
[PR]
by francis-sp | 2006-06-13 19:05 | サッカー評論

へぼサッカー評論~ワールドカップ・ドイツ大会・打倒オーストラリア編~

c0024558_17543358.jpg

とりあえず最近はサッカー観てます。
開幕から毎日、出来るだけたくさん観てます。
明日の仕事のことなんか気にせず、スーパープレーを観るために深夜まで起きてます。

というわけで開幕しました、ワールドカップ!!
今大会はたくさん観ますよ~。やっぱりライブで観るサッカーは面白いのです☆
ドイツ風にウィンナー喰ってビール飲みながら観戦するのが正しい観戦の仕方です!!

とりあえず勝手にざっと評論(つーかただの感想?)します。

・6月9日(金) A組 ドイツ 4 - 2 コスタリカ
とりあえず記念すべき開幕戦。友達の家でビール&焼酎をあおりながら観戦しました。
コスタリカのまさかの勝利!!に期待しましたが、そんな番狂わせはなく、やはりドイツの勝利。前半6分のラームのゴールは素晴らしかった。なんであんなコース狙えるの??コスタリカの一発目のシュートが得点に結びついたのも素晴らしかった。
後半は酔っ払ってしまったので、あまり記憶ないです。

・6月10日(土) B組 イングランド 1 - 0 パラグアイ
この試合の先制点も早い時間帯だった。やはりベッカムの足から生まれたゴール!
緒戦で早くも自分の存在感を示す…。普通の選手にはないオーラというか華を感じてしまいました。なんとか逃げ切った感のあるイングランドでしたが、確実に勝ち点3をゲットするのでした。

・6月10日(土) B組 トリニダード・トバゴ 0 - 0 スウェーデン
トリニダード・トバゴってどこの国なんだい?世界地図帳を見ながら観戦しました。人種はインド・アフリカ系が多く、ヒンズー教徒も多いらしいです。スウェーデンは米国大会の頃、長身のケネット・アンディションやブローリンとかがいて、これがまた面白いゲームをするチームだった。
今回も長身FWがおりスウェーデンの怒涛の攻撃が続きましたが、トリニダードの控えGKヒスロプの好セーブ連発で、ついに最後まで得点を許しませんでした。サプライズ!!

・6月11日(日) C組 セルビア・モンテネグロ 0 - 1 オランダ
なんと言ってもオランダ・FWロッベン!!この選手スピードが凄かった!
GKとの1対1を冷静に決め先制点。キーパーの脇の下を狙いすましたシュート…。なかなか真似できないよアレは。
間違いなくスーパーゴール!!今後もロッベンに注目☆

・6月11日(日) D組 メキシコ 3 - 1 イラン
東洋一攻撃的サッカーをするイラン。力と力のパワー対決が面白かった。
私めイランを応援していましたがあえなく敗退。メキシコには派手さはないけど、組織的でしたたかさを感じてしまい、確実に勝利した印象。

とりあえず、今晩はオーストラリア戦!!日本の勝利を信じて応援します☆
[PR]
by francis-sp | 2006-06-12 17:53 | サッカー評論

これから祭りづくし!!

c0024558_17445538.jpg

先週の土・日は地元のお祭りに参加していました。

町会のハンテンを着て、ちゃんと足袋を履いて、お神輿を担いで町内を練り歩くわけです。この日だけは威勢良く、気風良く、気前良く、男気溢れた江戸っ子になるのです。
金・土・日と3日間へべれけになるわけです。

とりあえず日本の伝統的なお祭りに参加するのは初めてで、ハンテン着るのも初めてで、神輿を担ぐのも初めてで、こういったお祭りの一本締め・三本締めも初めてです。
むしろこういう形で地元に関わるのが初めてかもしれない。

初参加だったけど、とても楽しかったです。
町内の方々によくしてもらい、いい出会いもあり、楽しい時間を過ごせました。
筋肉痛・打ち身でまだ体が痛いけど、とても楽しかった!
神輿を担ぎながら神社の鳥居をくぐった時は、じーんときてしまい感動すらしました。

同じ町内というだけで、この日だけは老若男女問わず杯を交わすというのは、普段の生活じゃありえないし、とても素敵なことだなと思う次第です。

どんな祭りでも基本は“楽しく!”“みんな酒大好き”だと思うけど、とりえあず明日の夜からワールドカップ開幕の雰囲気です!!世界をまたに架けたお祭りです。
ワールド・フェスですよコレは!!!
もう知らないっすよ。

そしてブラジル戦の後は、私パーティーでDJをやったりするのです☆

さあ!寝不足&二日酔いの日々の始まりです!!
[PR]
by francis-sp | 2006-06-08 17:44 | 最近


音楽、旅、本、サッカー、日常などをテーマにfrancisが気ままテキトーに語っています。本でも読むような感じで、ゆっくり見てくれたら嬉しいです。


by francis-sp

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ライフログ

黄泉(よみ)の犬 (文春文庫)

Dis Is Da Drum

ライヴ

Live in Europe

Masterpiece

地の果てのダンス

3 Cities

THE WORLD OF TAIKO DUB

旅をする木

ワイルドサイドを歩け

今知りたい世界四大宗教の常識

カテゴリ

全体
A day in the life
秩父巡礼
インド旅行記
travel

音楽
today

最近
園芸ブログ
釣り入門
サッカー評論
ペニーレインでバーボンを
【庭】プロジェクト
未分類

お気に入りブログ

off the PITCH
*情熱大陸*ブラジルの写...
star name cafe

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧