<   2005年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

釣り入門② 上州屋に行くの巻

c0024558_2034280.gif

とりあえず釣り竿も持たずに、釣りについてあれよこれよと妄想を抱いていてもしょーがあるまい。
釣りと言えば上州屋。上州屋と言えば釣り。
そんな軽い感覚で上州屋に行ってきました!!
いい歳した大人約2名で、ドキドキしながらお店に入ったわけです。

僕タチは釣りのこと丸っきり知りませーん!釣りは丸ごと分からないでーす!!
明らかにそんな雰囲気を漂わせながら、店内をくまなく見て回りました。

でも “知らない、分からないことは何も恥ずかしいことではない”、 “誰でもはじめは初心者なんだ”
そんな気持ちで、色んな竿を持ってみたり、伸ばしてみたり、とりあえずリールを巻いてみたり、釣り関連の本を立ち読みしたり、そんなことをしながら勉強できたことがありました。

釣りってもしやエサ釣りだとか、ルアーだとかフライだとか、そしてバス釣りとか、いくつか種類があるのね、、ということです。
正直申し上げると、釣りは全部エサで釣るもんだと思っておりました…

そして、“ちょっと俺たち虫とか触るの苦手だよね”
エサ売り場の大量のミミズ達を見て、とりあえずルアーかフライあたりをはじめてみる方向で即決しました。

少しずつ少しずつ、しかし一歩ずつ確実に学んでいます。
[PR]
by francis-sp | 2005-05-30 21:10 | 釣り入門

釣り入門①

c0024558_19484479.gif

6月中に 『釣り』 をやりたいっ!!
とりあえず釣りをはじめてみたいな、、最近何となしにそんなことを考えています。

自分のバンドのドラム叩いているヒトと、バイキングで肉を喰らいながらそんなことを語らいました。

釣りと言っても、これはマジメな釣りで、例えば、、、
どこか人知れず山奥にトレッキングなんかしちゃって、偶然手付かずの渓流なんかを見つけちゃって、じゃあ釣り道具持っているから、一丁釣りでもやってみよう!!ということになる。いざ始めてみるとアユとかニジマスとか仰山釣れちゃって、じゃあコレ食っちゃおう!ということになり、塩焼きにしてしまう。川の水でギンギンに冷やしておいたビールを片手に “サルー!” とスペイン語で乾杯をして、釣った魚を美味しくほお張ってしまう…

僕のやりたい釣りは、まあそんな図式です。

“アタシちょっと酔っ払ってきちゃった…”、そんなときのためにキャンプ道具も持ってきたので、今夜はここで一晩明かしますか!?じゃあとことん飲みましょう!!ということになってしまう。 “ヨー!” と今度はヴェトナム語で乾杯をする。満天の星を眺めながら、火を焚いて芋焼酎を飲みながら夜明けまで語らう。アコギも持ってきたので、スティービー・ワンダーとかマーヴィン・ゲイ、カーティス・メイフィールドとかニュー・ソウルを唄ってしまう…

気付いたらもうすぐ夜明けだ、もうすぐ朝日があがるよ、いま夜と朝の間だよ。今日も新しい一日が始まるね、地球のどこで何が起きようとも、今日という日は必ず終るし、今日という日は必ず始まる…
それは幸せなことなのか、悲しいことなのか…

“地球ってキレイ…”

最終的にやりたい釣りは、まあそんな図式です。

ヤングな頃と違って、近頃はめっきりファッションとか気にしなくなりましたが、最近はアウトドア系のブランドが好きです。デザインとかカッコいいのがあったり、機能性はもちろんだし、そのデザインもアウトドアに限らず旅であったりミュージックであったり、スローライフであったり何となくカウンター・カルチャーチックであったり、街にでも海でも、山にでもフェスにでもどこにでも着ていけそうな気がするのです。

今もこれからも、自分の好きな音楽や旅やサーフィン…、あらゆる分野で活躍されそうです。
これからも、どんどん好きなことを増やして生きたい、、そしてスローライフでいたい。
そんな気分です。

http://www.dana.jp/
[PR]
by francis-sp | 2005-05-27 20:39 | 釣り入門

フェスを少し振り返ってみる。

夏のフェスが近づきつつあります!!
とりあえずフジロックはあと2ヶ月くらいですね。

そういやフェスはいつ頃から行き始めたんだっけか??
そんなことを振り返ってみると、2002年から(ハタチのときだ…若いな)フジロックやロックインジャパンに行っていたなー。
昨年はフジジャズなんかにも行ったわね。
今年でもうフェスは6年目ですね!!

思い返せば、どのフェスも素晴らしかった。
音楽だけでなく、太陽や緑や雨を全身に浴びたり、ビールを浴びるように飲んだり、全身で音楽をそしてフェスを楽しんだ。
だからつまらないフェスなんて無かった。

毎回ながら、参加するミュージシャンはほとんど知らない場合が多いし、わざわざ混んでいるステージ前で観たいとも思わない(バンドによるけど)。
むしろ、寝転んでビール飲みながら観るのがサイコーの贅沢です。
年々、後ろの方のシートに居ることが多くなってきてます(単純に老化現象か…)。

こんな感じでフェスが好きなんです。

YES!!
[PR]
by francis-sp | 2005-05-25 20:17 | 音楽

これ、もしや五月病?

そーいや、今日で荒川レイブから一ヶ月経ちましたな。

何だか今日はいつもより調子悪かったなー。
いつも好調なヒトではないんだけど、今日は特に。昨日ぼちぼち忙しかったからかな??
今日は自分でもビックリするくらい、眠かったり、やる気がなかったり、イライラしたり、、

こわ~い夢を見てうなされたり、牛乳の入ったコップを床に落として割ってしまったり、なぜかレコ箱の底が水浸しになり(これホントに原因不明!謎っ!!)、ジプシー・キングスやハービー・ハンコックのレコが濡れてしまったり、、、

全部くだらないっちゃくだらないし、どうでもいいようなことだが、昨日からどこか歯車が合わないっつうか、調子が悪かったなー。

そしてそろそろまた旅行がしたくなりました。

でもまあこんな一日もアリでしょう!!!
明日からもがんばらずに適当にやっていきます。
がんばるとか、根性とか、気合いとか…そんな言葉が嫌いな世代ですから。

そういや、ペルー戦負けましたね!!
紳士的にブーイングしてやりましょ。
[PR]
by francis-sp | 2005-05-23 18:54 | today

活字中毒??

今日はすげーいい天気でした!!
快晴、海日和、レイブ日和、フェス日和の勢いです。

レンタカー屋であえてデカイ車を借りて、ラテン音楽でも鳴らして、レインボー・ブリッジや西湘バイパスを安全運転で走ってみたい、、
そんな気分でした。

しかし今日は外で遊ぶこともなく、気付いたらもう夕方です。もう夕飯の時間です。
世間では休日だと言うのに、今日は残念ながらシゴトをしていました。

腰痛はいい感じに治りつつあります。
ここのところ、1日3回くらいは湿布を貼りかえています。冷凍庫でギンギンに冷やした湿布を “ヒ、ヒーー” と言いながら腰に貼っております。
無理をしたら、また腰痛になりそうな感があります。

体がまだそんな感じなので、最近はサーフィンもサッカーもやれないわけです。
家で大人しく本を読み漁る日々です。

はやく遊びてー!!
[PR]
by francis-sp | 2005-05-21 18:17 | today

へぼサッカー評論⑧ キリンカップがあること、すっかり忘れる!

c0024558_2035117.jpg
そう言えば、5/22はキリンカップサッカー2005、対ペルー戦でした!
とりあえず型で日本代表を応援している自称サッカー評論家のため、すっかり忘れてました。
スイマセン!!

13:30くらいに試合開始だと思いますが、残念ながら用事があり、TV観戦もできません。
サッカー、サッカー、言っている割りには、サッカーより私用を優先するスゴイいいかげんな男です。

何だか最近スポーツ番組を観ていると、このキリンカップが “仮想バーレーン戦だ!” とか “W杯予選につながる” とか意気込んでいますが、よく考えてみればペルーもUAEも全く予選とは関係ないと思われます。ペルーはペルー。UAEはUAE。バーレーンはバーレーンなわけです。

ただ、スタメンやポジションの確認とか、シュートをどう打っていくとか、どうやってシュートに結びつけるとか、そんなことの想定は出来るんじゃないかなと。

もし試合に負けたら、紳士的にブーイングをしましょう。
いいプレーやゴールは、その場でギャー!ワー!!サイコー!!!とか叫びましょう。

もしW杯に日本代表が出られないとしたら、日本でのサッカー人気はガタ落ちになるんじゃないかなって、陰ながらいい迷惑ながら、勝手に思っています。

ペルー戦、当日新宿のどこかに潜んで応援しています。
[PR]
by francis-sp | 2005-05-20 20:17 | サッカー評論

ついに恋愛なんかを語ってしまう?ギャー!!

恋愛の相談をされるのは、昔から苦手であります。
相談されても、コレばっかりはどうにもこうにもならないんだもの。

その代わり、“誰と誰がくっ付いたよ!” とか、“え~、もう別れたのっ?!” とか、
“ちょっとウワキしちゃった~!” とか、そんな話を聞くのは割りと好きです。

と言うよりも、恋愛に限らず、もともとあまり 「相談」 を受けたことがないよな、俺って…

何か相談を受けても、
“まあそんな深刻に考えるなよー。もっと楽しいこと考えようよ!” とか、
“今から悩んでどうするんだよ!その時に悩めばいいじゃん!ハッハッハ!!” とか、
ヒドイときは、“解決しない悩みは、悩んでも解決しないから悩むなよ。解決する悩みは、解決するんだから悩むなよ!” とか、、、

、、、やっぱりヒトに相談されない理由が分かります(笑)

先日、深夜AM3:00に女友達から電話があり、爆睡していた俺はケータイアラームだと勘違いしそのまま着信拒否をしてしまう。後日また電話が来て、実は恋愛相談をしたかったそうな。

どんな寝起きだよっ!!全くもー

とりあえず、その友達と新宿だか渋谷だかに飲みにいくことになりそうです。
どこの馬の骨だか分からない輩との、ノロケ話を延々と聞いてきます!!

ギャー!!!!!
助けてーーー!!!!
[PR]
by francis-sp | 2005-05-19 18:32 | today

フィリー・ソウル?

c0024558_1738995.jpg

ソウルと言えば、高校1年のときに、NHKのBS2でやっていた 『SOUL TRAIN』 を観てしまってから、ずっーーーーと好きです!自信を持って心から好きです!!

ファンキーな音楽に合わせて、アフロヘアの派手なファッションをした黒人さんたちが、フロアを縦横無尽に踊りまくりのその映像を見て、強い衝撃を受けてしまいました。
JBがダンズを踊っている姿もシビレたし、今は亡きマーヴィン・ゲイやミ二ー・リパートンのライブを見て感動したし、今では幼い子供が大好きな(?)マイケル・ジャクソンの幼い頃の映像もビックリしたし、やっぱり 『SOUL TRAIN』 と出会ってからソウルが好きなんです。

やっぱり今でも聴く音楽も、買うレコも、ケツを振れる音楽もソウルが多いわけです。

最近思うのが、もしやソウルの中でも “フィラデルフィア・ソウル (フィリー・ソウル)” が結構好きなのでは??、ということです。気付いたら、フィリー・ソウルを聴くことが多いです。

O'jays、ジル・スコット、MFSBとか…

もうちょっと勉強してみようと思っています。
[PR]
by francis-sp | 2005-05-17 17:56 | 音楽

自転車に乗って、アングラ演劇を観にいく

c0024558_2037949.jpg


僕が “アングラ演劇” という言葉を知ったのは、2、3年前です。
北海道の親戚の家で 「北の国から」 の最終回を見たとき、出演していた唐十郎の話題になり、そんな話になりました。

 1970年代、アングラ演劇、状況劇場、唐十郎、黒テント、赤テント、花園神社、学生運動、安保闘争、ベトナム戦争、、、

そんなキーワードがたくさん出てきて、そんな話を聞いていたら、何となく “アングラ演劇” の想像がつきました。東京に帰ってきて、すぐに唐十郎の本を借りて読んだのですが、しかし話の流れが全くつかめず、難しい!ふふーんと思ったものです。

去年のフジロックで 「渋さ知らズ」 のライブを見たとき、きっとこんな感じだろうな、と思いました。きっとアングラ演劇もこんな演出や衣装をやっているんだな、と思いました。つい最近、ジャズ系の音楽雑誌で、渋さのダンドリスト・不破大輔さんのインタビューを見たら、やはりアングラ演劇出身の方で、やっぱりねー!と思ったものです。

カウンター・カルチャー。例えばヒッピー文化とか、サマー・オブ・ラブ、ウッド・ストックとか、、、
それらの詳しい内容は知らないけど、音楽をやっていれば何となく分ります。

きっと当時の体制に反抗しちゃったり、既成の価値観を否定して新しい価値観を見出してみたり、愛と平和とか自由とかホントに大事なものを求めたりとか。“アングラ演劇” もカウンター・カルチャーとか言われており、きっと当時はそんな時代背景があったりしたんだろう。

そして時代は現代です。
北千住のシアター1010で当時のアングラ演劇の再公演がやっておりました。たった今やっております!

百聞は一見にシカズ…、アングラ演劇とは如何なるものか…、勇気を出して観てまいりました。
演劇なんて生まれて始めて観るし、始めて観る演劇が “アングラ演劇” だし、ちょっとドキドキしながら真新しい劇場に入ったものです。

感想は、ものすごいモノを観てしまった、、、そんな感じです。

とにかく演出や道具や衣装が素晴らしくて、その雰囲気に圧倒されました。正直ストーリーは分かりません。でも何となく分かる気がするのです。きっとヒトそれぞれ解釈は違うと思うし、それでいいと思うんです。
話はまとまらないですが、とにかく観る価値はあると思いますよ。
[PR]
by francis-sp | 2005-05-13 20:38 | today

キャロル・キングを語らず

c0024558_21253784.gif

                          Donny Hathaway

「キャロル・キング」 のCDなんかが、区立図書館のCDコーナーに置いてあり、何だかグッと来てしまい、とりあえず速攻借りてみました。
兄貴から譲り受けた渋谷陽一の 『ロックベストアルバムセレクション』 にキャロル・キングのことが載っており、名前こそ知っていましたが、はじめて聴くその音にガッツリと引き込まれてしまいました。

ラジカセの音量をデカくして、シャワーを浴びながら聴いたのですが、“このヒトは絶対ソウルの影響を受けているな” と、汚れ気味のケツを洗いながらそう確信しました。
曲目を調べてみたらそうでした。やはり50年代の黒人女性グループ 「シュレルズ」 の “ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー” をカバーしていましたよ。

そして、8曲目の “You've Got A Friend” という曲が、どうしてもダ二ー・ハザウェイの 「LIVE」 というアルバムの4曲目と同じに聴こえる。何度も聴き直す。しかし歌詞がビミョーに違う。はてな、、、

たったいまネットで調べてみたら、やはり同じ曲でした!オナキョクでした!!
ダ二ー・ハザウェイの曲をキャロル姉さんがコピーしたのか、その逆なのかはもうどうでもいいですが、いま霧が晴れた気分です!
明日は休みだし、芋焼酎でも飲んで今日はゆっくり眠れそうです。

考えてみたら、キャロル姉さんの “コラソン” という曲なんて、普通の白人が作る曲じゃないっすよ。ダ二ー・ハザウェイの “ゲットーかよ!

僕はまあ、そういったグルーヴィー感があるようなないような、パーカッションが効いているようないないような、Steely Dan の “Do It Again” みたいな音にゾクッと来るわけです。

ダ二ー・ハザウェイの 「LIVE」 、心からオススメです!!!
[PR]
by FRANCIS-SP | 2005-05-11 21:53 | 音楽


音楽、旅、本、サッカー、日常などをテーマにfrancisが気ままテキトーに語っています。本でも読むような感じで、ゆっくり見てくれたら嬉しいです。


by francis-sp

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ライフログ

黄泉(よみ)の犬 (文春文庫)

Dis Is Da Drum

ライヴ

Live in Europe

Masterpiece

地の果てのダンス

3 Cities

THE WORLD OF TAIKO DUB

旅をする木

ワイルドサイドを歩け

今知りたい世界四大宗教の常識

カテゴリ

全体
A day in the life
秩父巡礼
インド旅行記
travel

音楽
today

最近
園芸ブログ
釣り入門
サッカー評論
ペニーレインでバーボンを
【庭】プロジェクト
未分類

お気に入りブログ

off the PITCH
*情熱大陸*ブラジルの写...
star name cafe

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧