カテゴリ:A day in the life( 37 )

エルザの太陽

c0024558_16542640.jpg

エルザ・ソアレスはブラジルはリオ出身の女性歌手だ。
旅に出る前の日本で、たまたまレコード屋で見つけて、彼女の歌はよく聴いて好きだった。

もう80歳くらいのバアサンなのに、しゃがれた声でファンキーにハスキーに唄う彼女のことは、本国ブラジルでも大半のブラジル人は知っていた。サンパウロで2、3週間くらい同居していたマルコスも、エルザのことを知っていた。何気なく私が彼女の歌を口ずさんだら、彼もどこかで聞き覚えがある感じで唄っていた。昔、ラジオでよく流れていたという。

“Rio de Janeiro, Gosto de você” という歌詞だった。
“リオデジャネイロ、あなたが好きよ” という意味だ。

このリオの中心に近い〈Catete=カテチ〉という小さな街は、昨日まで居た〈イパネマ〉とは違って人々の生活の匂いがする。クソ暑い気候の中、街を歩いて〈チョップ〉と呼ばれる生ビールを数ヶ月ぶりに飲み、やはりブラジル料理であるフェイジョンを食べた。どちらかと言えば、私は人間臭い街の方が好きだと思ったりする。

ブラジルのアートは、近代的でありどこか斬新である。

サンパウロのヒッピー市でブラジル人の描く絵画を初めて見たが、彼らの描く“花”は大胆である。
“美しく感じたものを美しく描きたい” ただそれだけ。

目の前に花があるとしたら、彼らはキャンパスいっぱいに大きな花を描くのだ。茎とか葉っぱとか無視だ。バランスとか全体像とか日本人が気にするようなことは無視だ。自分が美しく描きたいものだけを描く。

それはどこか自然で人間らしく素敵なことだと思う。
だけどそのような感性がありながら、南米ブラジルでは建造物は無機質にポップに作り上げる。

この小高い丘に立つキリストの像もそうだ。
ロザリオを携えた男性が、観光客を尻目に静かに祈りを捧げていた。

祈りはいつでも静かだ。

リオでは芸術に触れてみようと街を歩いたが、国立美術館や博物館はストライキに入っていて、いつ再開するか分からない状況であった。経営が破綻して職員に給料が払えないのであろうか?それとも上部の人間が金を持ち逃げしたのだろうか?そうなってくると、イパネマ・ビーチで眺めたブラジル娘たちの大胆な水着姿の方が芸術的だと思えてくる。日中の太陽の日差しを避けココナッツジュースを飲みながら、それでもブラジルの太陽の恵みに感謝したくなる。

サンパウロにいるとき、面白い新聞の記事を目にした。
ある男が愛人を殺すために映画館に入り、映画を上映している最中に犯行に及んだという。ナイフか何かで愛人を殺した後、捕まるのを恐れたためすぐに映画館を後にしたそうである。ここまでですでにクレイジーな話だが、彼はそのあと映画の続きが気になって、映画館に戻ってきたというのだ。

当然、彼はその場で逮捕。新聞の一面を飾ることになる。

ブラジルを旅行していると、そんなハードな話をよく聞く。ブラジル人もこのニュースに関して「クレイジーだ。」と言っていた。庶民もまたそのような事件を見たり聞いたりして、自分の国がろくでもないことと、ろくでもない人間がいることを自覚している。

そんな街だから私は根城にしているホステルに帰り、まだ明るいうちから“ピンガ”と呼ばれるブラジルのキツい酒を一人飲んでいる。

私の泊まっている部屋は9人部屋〈ドミトリー=相部屋〉で、3段ベッドが3つ並べられている質素な部屋だ。この後にも先にもドミトリーにはお世話になったが、3段ベッドははじめてだった。ベッドのマットレスには蟻が住んでいて時折這い出してくる。しかし幸運なことにこの部屋は私一人しか宿泊していない。酔っ払って日記に曲がりくねった文字を綴ったりしている。

明日は、サン・ジョアン・デル・ヘイという静かな田舎町へ向かうことを決める。
ブラジルのバスもまた、他の南米の国々同様に物凄いスピードで走る。でもバスに乗ってしまった以上、もうどうにもならない。自分の大切な体を、そいつに委ねるしかないのだ。

エルザ・ソアレス、教えてくれ。
リオデジャネイロは愛してくれているか?
[PR]
by francis-sp | 2010-02-28 17:30 | A day in the life

イパネマの娘

c0024558_1720256.jpg

サンパウロで2週間過ごし、今は無事に〈リオデジャネイロ〉に着いている。

リオと言えばビーチということで“イパネマビーチ”近くのホステルに泊っているが、ここは一人旅の人間には似合わない気がする。ここはリゾート地なのだ。かすかに海の香りがして、ここに来ている旅行者はブラジル人を含めて、家族連れや若者たちカップルが多い。

サンパウロのリベルダージの生活が毎日楽しくてたくさん笑っていた分、今は孤独を感じている。また一人になったのだ。

“リオデジャネイロ”と聞いて思い浮かぶのは、リオのカーニバルであるが、カーニバルは2月に開催されるため関係ない。リオと言えば、“スラム”とか“犯罪”とか負の面ではないだろうか。

『シティ・オブ・ゴッド』という映画を日本で観たが、あれはリオのスラムを描いた作品だった。映画の中で、子供達が当たり前のように銃を持ち、当り前のように人を殺していた。さらに昔テレビで観たことがあるのは、リオのビーチに少年たちがバスで乗り付け、ビーチに居た観光客に集団で襲い掛かり、略奪するという衝撃映像を見たことがある。

それでも私は南米の旅を決めたときから、ブラジルに行くことは決めていた。だから日本を旅立つ前、黄熱病の予防接種を受けてきた。旅を始めたばかりのニューヨークでブラジル人旅行者と話すことがあったが、さっきのような話は、“あながちウソではない…”と言っていた。

サンパウロを昼に出発したため、リオには夜着いてしまった。

知らない街に夜中に到着するというのは、途方もなく不安に駆られるものである。しかも“リオデジャネイロ”である。リオの夜は暑くて、海が近く湿気があるためか空気がねっとりしている。私は荷物をひったくられないよう大事に抱え、出来るだけ平静を装いターミナルの外に出る。少し汗をかいている。観光案内所でホステルの予約を取った後、係員は暢気にイパネマビーチまで路線バスで行けという。タクシーで行くことも出来たが、私は路線バスで行くことを決断しバスに乗り込んだ。

乗客は私一人だった。白いシャツを着た切符切りの黒人の少年に行き先を告げると、“まかせてくれ!”と言わんばかりに二カッと笑いながら親指を立てた。こいつに全てをゆだねるには、あまりにも心細い。バスはやがて“ファベイロ=スラム”と分かるエリアを通り抜けていった。辺りには街灯がなくなり薄暗く、朽ちた住居が見えた。サンパウロでは見たことがなかった景色だった。そこを過ぎると次第に乗客が増えてきた。やがてバスは海岸沿いの幹線道路をものすごいスピードで走り出す。

“犯罪都市”を思わせるリオの夜を、バスは全速力で突っ走っている。私は激しく興奮した。

海岸沿いは都会だった。とんでもない無法地帯を想像していたが、ビーチ沿いは夜でも人が歩いていて安心した。結局よく分からない場所で降ろされて、だいぶ歩いてホステルに辿り着いた。ホステルのこの辺りは繁華街で安全そうだった。

次の日の朝から、イパネマビーチへ向かった。
せっかくだから短パンとサンダルを履いて、ビーチでゆっくり過ごそうと思った。ニューヨーク以来の大西洋だった。

午前中からビーチで寝転んで、強烈な日差しを全身で浴びている。ビーチを歩く“イパネマの娘”たちの大胆で惜しげもない水着姿を眺めて、あいかわらずビールを飲んでいる。こうなると、彼女たちを成長させるブラジルの太陽の恵みに感謝するしかない。正午過ぎには宿に戻りシャワーを浴びながら、まだ目に焼き付いているブラジルの娘たちを思い出している。午後はリオデジャネイロ出身の女性歌手〈エルザ・ゾアレス〉を聴きながら、世界地図を広げて眺めている。

次はどこに向かうべきか考える。旅をしていて、一番優雅で贅沢なひとときだ。

とても幸せな時間を過ごしている。こんな幸せってあるだろうか。
イパネマビーチはやはり美しい。彼女たちがビーチを引き立てている。

http://www.youtube.com/watch?v=_nTJ4OzcqDg
[PR]
by francis-sp | 2009-02-08 17:45 | A day in the life

Parada Gay

c0024558_1930230.jpg

c0024558_19323747.jpg

c0024558_1934375.jpg

c0024558_19325636.jpg
c0024558_19335191.jpg

[PR]
by francis-sp | 2009-02-01 19:34 | A day in the life

Parada Gay

c0024558_19201372.jpg

c0024558_19171450.jpg

c0024558_19174892.jpg

c0024558_1926815.jpg
c0024558_19272673.jpg

[PR]
by francis-sp | 2009-02-01 19:27 | A day in the life

Parada Gay

c0024558_199829.jpg

c0024558_1994771.jpg

c0024558_19121831.jpg

c0024558_1910880.jpg

c0024558_1915569.jpg

[PR]
by francis-sp | 2009-02-01 19:15 | A day in the life

Parada Gay

c0024558_1903876.jpg

c0024558_1945061.jpg

c0024558_191493.jpg

c0024558_1975276.jpg

c0024558_1933852.jpg

[PR]
by francis-sp | 2009-02-01 19:08 | A day in the life

Parada Gay

c0024558_18515933.jpg
c0024558_18521677.jpg
c0024558_18523173.jpg
c0024558_18544456.jpg
c0024558_18553735.jpg

[PR]
by francis-sp | 2009-02-01 18:57 | A day in the life

São Paulo

c0024558_18412329.jpg
c0024558_18421110.jpg

c0024558_23352158.jpg
c0024558_18423467.jpg

c0024558_23323170.jpg

[PR]
by francis-sp | 2009-02-01 18:44 | A day in the life

Paulista

c0024558_16262348.jpg

サンパウロで楽しく過ごしている。

同室に住んでいるマルコスやサンパウロで格闘技を教えている日本人のおかげで、この街で楽しくやっている。予定ではサンパウロは3日くらい滞在して、リオにでも向かおうと思っていた。しかしサンパウロでの刺激的な毎日が、一週間そして二週間と、私の腰を重くさせていた。この宿の女主人のナミさんに、「サンパウロが気に入ったのでしばらく居させて下さい」とお願いをした。

このサンパウロで何か目新しい出来事があったわけではない。この街や〈パウリスタ=サンパウロに住む人々の愛称〉にとって当り前の日常や風景が、日本から来た私にはとても新鮮だった。

たいがい朝起きたらシャワーを浴びて、スーパーで買ってきた果物を食べる。宿の住人に会うと「bom dia(おはよう)!」と挨拶したり、くだけた感じに「tudobem(調子どう)?」と声をかけている。ポルトガル語も少しずつ覚えてきた。言葉というのは不思議で、スペイン語圏にたった1ヶ月居ただけで、ついついスペイン語を発してしまう。でもポルトガル語もスペイン語も似ているし、私には同じラテン語ということで意味が通じれば何でも良かった。

ナミさんに「ここに居ればポルトガル語をすぐに覚えられるわよ」と言われたが、その通りだった。英語とポルトガル語の小さな辞書をいつも持ち歩き、必要なときはすぐに調べて単語一つでも話すようにしていた。英語ではなくその国の言葉を覚えて旅をすることが、とても楽しくて新鮮だった。

毎日のように〈Liberdade=リベルダージ〉という、この東洋人街をぶらつく。
いつものネットカフェに行きメールをチェックしたり、ヨーロッパへ飛ぶための航空券を探している。南半球は冬でこのサンパウロも夜になると寒い。次は北半球のヨーロッパへ行きたかった。同室のマルコスはブラジル北部のバイーア州の生まれで“バイアーノ”という愛称で呼ばれている。サンパウロのバスターミナルで働いていて、毎朝5時に仕事に出向き、夕方帰ってくると大学に通っている。彼は日本語に興味を持っていて、お互い言葉を教えあったりした。

昼には〈Lancheseria〉と呼ばれる小さな食堂で、豆を煮たブラジル料理“フェイジョン”を食べる。これはいつ食べても美味しいし、毎日のように食べている。食堂には“アバズレ”というあだ名の男が働いていていて、彼と会うたびに握手をしている。彼は酔っ払った勢いでこの辺りで有名なおばさんのケツの穴にビール瓶を突っ込んで、ピースサインで写真を撮ったという曰くつきの男だ。

“この店の通りの向こう側には決して行くな…”と宿の住人のビゴージが言っていた。その先には〈ファベイロ=スラム〉があるからだ。彼はサンパウロ出身のパウリスタで髭をたくわえた初老の男性だ。彼が作るフェイジョンはブラジルで食べた中で一番旨かった。ビゴージはその昔刑務所に入っていて6年間調理係をやらされていたから料理が上手いんだという噂だ。昔セックスのとき、相手の女が“私の顔を叩いて!”と言ったから思い切りぶん殴ったら、口から血が出て血だらけになったんだと、笑いながら話してくれた。

街には“Bom Plate!”という政府が設立した食堂があり、1real=0.5ドルで“フェイジョン”を食べられる。街の貧困者を救済するための食堂であり、たとえ乞食であろうと“1real”を誰かに恵んでもらえば食べ物に在り付くことが出来るのだ。私も“Bom Plate!”を何度か利用したが、そこに食べに来ている利用者は、この街からかき集められた多様性に溢れる人間たちだった。もちろん普通の利用者も食べに来ているが、ときには顔中にタトゥーが入った男や、ぶつぶつ独り言を言っている男、ゲイとテーブルを並べることもあった。

宿の近くには〈日本移民資料館〉があり、水曜日には日本の映画が上映されている。来年はブラジル移民100周年だそうだ。この資料館は行ってみたいと思っていたが、サンパウロを発つまでついに足を運ぶことはなかった。旅をしている身でも、いつでも行けると思っているとなかなか行かないものだ。ブラジルでは日系人は“ニッケイ”と呼ばれ信頼されている。よく分からないが真面目に一生懸命に働く日本人は、きっとブラジルの経済と発展を支えてきたのだろう。

宿のテレビでサッカーの中継を見ていると、〈サントス〉というサッカーチームに“ロドリゴ・タバタ”という日系人選手が活躍しているとマルコスが教えてくれた。やっぱりブラジル人はサッカーが好きだ。“ジーコは神でマラドーナはクソだ”と住人のデイビットが言っていた。

英語を話せるデイビットやアンドレとはよく酒を飲んだ。ビールとカイピリーニャを買い込んでは、次の日二日酔いになるまで飲んだ。誰が言ったのかは知らないが、二日酔いはビール6本とテキーラ3本を飲めば治ると言われている。そうすれば二日酔いであることを忘れる。

リベルダージには日系人のための各県人会がある。ついこの間どこかの県人会が強盗に襲われたという。家財道具を全て持って行かれたが、人命は大事に至らなかったらしい。後に犯人は捕まったが、犯人が警察に賄賂を渡したことでこの事件は解決された。サンパウロは危険な街であることは間違いない。数年前宿の近くで東洋人が少年グループ15人に襲われた。夕方になれば短いスカートを履いた娼婦が街角に立っている。人間はどんなことをしてでも、強く生きていける。

この宿には日系人も住んでいて、彼らは何十年も前にブラジルの地に移り住み、今では“ルイス”や“マリオ”などと名を変えてブラジル人として暮らしている。その中のミルトンさんは近くの旅行代理店に勤めているがアル中である。あるとき〈Lancheseria〉で飲んでいて泥酔しゲロをぶちまけて、その店は出入り禁止になったらしい。カルロスさんが“サンパウロに来たからには〈ボアッチ〉に行ったらいい”とポルトガル語で笑いながら言っていた。ボアッチとは売春目的の男女が利用するナイトクラブである。

夜のサンパウロを知るために〈LOVE STORY〉というディスコに遊びに行ったが、トランスで踊り狂うブラジル人はバッキバキだった。クラブの外ではドラッグの売人とゴミを漁る乞食が当り前のようにいた。ボアッチが掃ける明け方5時頃になると娼婦たちが踊りに来て、全てがピークになった。朝になりクラブも掃けて外でたむろっていると、女たちが“ホテルに行かない?”と声を掛けてきた。男か女か判別できず尋ねてみると“何言ってるの?100%オンナよ!”と言って女は路上で自分の胸をさらけ出し、私の股間をまさぐってきた。全くクレイジーである。ふらふらになりながらリベルダージに帰った。

この街に住む人間は、物語が書けそうなくらい面白い人生を生きている。パウリスタ一人ひとりがサンパウロという大きな舞台で演じているように見えた。4月のニューヨークでも同じようなことを思った。だけどニューヨークと違うのは、サンパウロでは人間の一人ひとりが“主役”を本能のままに自分らしく演じているということだった。ニューヨークの人間のように、主役を奪い合ったりはしない。みんなが主役で自分の意思に従って自由に生きている。

私はサンバを踊れない。私が1つステップを踏もうとすると彼らは4つステップを踏んでいる。その足さばきは見とれてしまうほど美しい。クレイジーな夜に地元の人間しか集まらない小さなバーで聞いたサンバのメロディーが頭に残っている。汗を流しながら絡み合うように踊る男と女は、まるで動物のようだった。

サンパウロが私に教えてくれたこと。

上手く踊れないことは恥ずかしいことではない。自分が出来る踊りを踊ればいい。言葉を上手く話せなくてもいい。恥ずかしがることはない。話せる言葉を並べて話してみればいい。そうすればきっと伝わる。上手く歩けなくてもいい。自分の歩き方で人生を歩んでいけばいい。
[PR]
by francis-sp | 2009-02-01 17:57 | A day in the life

Liberdade, São Paulo

c0024558_2234040.jpg

こうしてまた安宿に泊まることになり、静かに夜を迎えている。

サンパウロは大都市だった。サンパウロの東洋人街で宿を探そうとメトロに乗り〈Liberdade=リベルダージ〉という駅で降りて、右往左往しながら日系人が経営している“ペンション・ナミ”という宿に辿り着いた。深夜のバス移動が続いていたため、ベッドにありつくと死んだように眠った。

経営者のナミさんは初老の女性で日系ブラジル人だった。ポルトガル語はペラペラだったが、日本語は忘れてしまったのか流暢ではなかった。この宿を利用しているのはほとんどが“ブラジル人”らしくて、日系ブラジル人も何人か居る。みんな仕事を持ち、このペンションで普通に生活している。日本国籍を持つ者は、同じ部屋のサンパウロで働いている日本人男性と、唯一の旅行者である私だけだった。共通語はポルトガル語であり、ここに2週間定住することでポルトガル語を少し覚えることが出来たし、サンパウロの魅力を知ることが出来た。

〈Liberdade〉という東洋人街は、かつて日本人が多く暮らしていた地域だったらしいが、今は韓国人・中国人も多く暮らしている。〈Liberdade〉を歩くと、東洋人が経営する店や看板が目に着いて、独特の雰囲気を感じる。タイのバンコクやベトナムのサイゴンにあるような中華街に似た雰囲気だ。この宿が一瞬、アジアのどこかの安宿のような気にさせられる。

しかしサンパウロの持つ雰囲気は、それとは明らかに違うものだった。

決定的に違うのは、私と同じ日本人がかつて移民としてサンパウロに住み着き、今は日系ブラジル人として暮らしているということだ。彼らが異国の地で重ねてきた長年の労苦が、彼らが放つアジア人としての匂いが、母国の言葉をいつの間にか忘れてしまった彼らのポルトガル語が、この独特の空気を作っているのかもしれない。

私はニューヨークやサンチャゴ以来の都市に放り込まれた感覚で、言葉もよく分からなくて、この街にはまだ馴染めていない。そんな今の私と同じような気持ちで、当時ブラジルに移住してきた日本人がたくさん居たのかもしれない。

この宿でも“ルイス”や“カルロス”といった名前の日系ブラジル人が生活している。2008年は日系移民100周年にあたるというが、彼らもまた数十年前にブラジルの地に渡って来たのだろう。かつて日本人であったが今は国籍をブラジルに変えて、名前もラテン人のように変えて、言葉はポルトガル語を話している。そんな彼らは日本人ではなく、“ブラジル人”だった。

そもそも“ブラジル人”って何だろうか。

人種は白人、黒人、黄色人に大きく分けられるが、街を歩いている人々やメトロに乗っている人々を眺めてみても正確な分類は出来ない。サンパウロにはイタリアやドイツの移民、中東やイスラエル人も多く暮らしているという。今ではたくさんの人種がMIXされていて厳密に分けるのは無理だし、そうすることに意味が無い。サッカーのブラジル代表がそうだろう。個性的な顔立ちをしたメンバーが揃っている。皆それぞれ違っていて雑多なのだ。私も街を歩けば、おばちゃんに道を尋ねられたり、スーパーに行けば“その棚にある物を取ってちょうだい”と言われることがあった。それは人種とか国籍とか関係なく、たまたま“私”がそこに居合わせたからだ。

彼らをまとめられる唯一の言葉が、“ブラジル”なのだ。

アメリカは人種を分けて考えようとしたり、英語を話すことを当り前として強いているように感じる。しかしブラジルはそうではない。人それぞれの違いを初めから認めていて、人は違っていて当たり前という考え方だ。

貧しい人々も娼婦も乞食も、街を歩けば自然と目にする。昼間は安全だった場所が夜は人っ子一人歩かない危険な場所になる。路上に倒れている人が居ても、人々は驚く様子もなく通り過ぎていく。聞いた話だと、サンパウロでは“50real=25ドル”で人殺しを頼めるとの噂だ。ブラジルでは人の命は安いものだ。〈ファベイロ〉と呼ばれるスラムでは、拳銃のレンタルがあるらしい。子供たちが拳銃を借りて強盗をし終えたら、また返すのだという。サンパウロに滞在中、色んな興味深いエピソードを聞いた。

サンパウロに2週間居て思ったのは、サンパウロは全てを包み隠さず、在りのままをさらけ出し、そして全てを受け入れてくれる街のように思えた。日本人である私には、それはどこか人間らしく本来あるべき姿で、魅力的なことだと思った。この国は日本のように影の部分を隠そうとしたりしない。在りのままをさらけ出している。

日系ブラジル人に“日本とブラジルの違いって何ですか?”と尋ねた。その男性は少し考えてから“ブラジルには夢がある”とニコニコしながら答えてくれた。その答えは明快な答えで、私が期待していた以上の気持ちの良い答えだった。数十年前に日本からブラジルに渡ったかつての移民たちも、きっと苦労を重ねながらも同じようなことを考えたのではないかと、私は今でも思っている。
[PR]
by francis-sp | 2009-01-04 00:21 | A day in the life


音楽、旅、本、サッカー、日常などをテーマにfrancisが気ままテキトーに語っています。本でも読むような感じで、ゆっくり見てくれたら嬉しいです。


by francis-sp

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ライフログ

黄泉(よみ)の犬 (文春文庫)

Dis Is Da Drum

ライヴ

Live in Europe

Masterpiece

地の果てのダンス

3 Cities

THE WORLD OF TAIKO DUB

旅をする木

ワイルドサイドを歩け

今知りたい世界四大宗教の常識

カテゴリ

全体
A day in the life
秩父巡礼
インド旅行記
travel

音楽
today

最近
園芸ブログ
釣り入門
サッカー評論
ペニーレインでバーボンを
【庭】プロジェクト
未分類

お気に入りブログ

off the PITCH
*情熱大陸*ブラジルの写...
star name cafe

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧