カテゴリ:ペニーレインでバーボンを( 1 )

今宵、1杯目のウィスキー @CAFE&BAR-庭-

[富士山麓 樽熟50°]
キリンウィスキー
アルコール度数50%
容量600ml

初めてこれを飲んだときは、アルコールの匂いがきつくて飲みにくく、味もよく分からなかった。しかし飲み方を変えてみるとその美味しさに気づいた。
グラスにたっぷり氷を入れて、富士山麓シングル(30ml)を注ぎ、それから少量の水を加えるとぐっと飲みやすくなった。
前半はちびりちびりとやり、ときおりグラスをゆする。そうすることで香りが柔らかく、少しずつ滑らかな味わいになる。
日本のウィスキーの製法は基本的にスコッチ・ウィスキーと同じだ。香り付けとして発芽した大麦をピート薫香で燻す(らしい)。しかしこのウィスキーの場合は本場スコッチと比べ、透き通るような香りがする。
最後につめたい水と交じり合った黄金の水を飲み干したとき、幸せな気分になった。

いつか本栖湖あたりで、富士山を眺めながら飲みたいウィスキーである。

“ぼくたちが毎日を生きている同じ瞬間、もうひとつの時間が、確実に、ゆったりと流れている。日々の暮らしの中で、心の片隅にそのことを意識できるかどうか、それは、天と地の差ほど大きい”
星野道夫「旅をする木」より

今夜も、したたか酔っている。
[PR]
by francis-sp | 2006-11-28 15:54 | ペニーレインでバーボンを


音楽、旅、本、サッカー、日常などをテーマにfrancisが気ままテキトーに語っています。本でも読むような感じで、ゆっくり見てくれたら嬉しいです。


by francis-sp

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ライフログ

黄泉(よみ)の犬 (文春文庫)

Dis Is Da Drum

ライヴ

Live in Europe

Masterpiece

地の果てのダンス

3 Cities

THE WORLD OF TAIKO DUB

旅をする木

ワイルドサイドを歩け

今知りたい世界四大宗教の常識

カテゴリ

全体
A day in the life
秩父巡礼
インド旅行記
travel

音楽
today

最近
園芸ブログ
釣り入門
サッカー評論
ペニーレインでバーボンを
【庭】プロジェクト
未分類

お気に入りブログ

off the PITCH
*情熱大陸*ブラジルの写...
star name cafe

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧