カテゴリ:サッカー評論( 18 )

へぼサッカー評論~ワールドカップ・クロアチア戦を終えて


とりあえず、サッカー中心の生活してます。お蔭様で慢性的に寝不足です。
“ところで俺、こんなサッカー好きだったっけ??”というくらい、毎日TV観てます。

ドイツと日本は当然時差があるわけで、その時差というものが曲者なんです。
日本での試合開始時間が、ちょうど22時と25時と28時という、頑張れば観れてしまう時間帯…

もう大体の試合内容を忘れていますが、私なりの正直な試合評論。

・6月12日(月) E組 アメリカ 0 - 3 チェコ
日本代表の豪戦の後なのであまり覚えていません。TVつけながらなぜか両親宛に手紙を書いていました。すいません。

・6月13日(火) G組 韓国 2 - 1 トーゴ
やはり韓国は強い!安定したプレーを見せてくれる。特にFWはシュートを打って終わろうという、気持ちのこもったプレー。先制点を取られるものの、フリーキックにて同点へ追いつきます。同点に追いついた韓国はさらに強い!!彼らは同点にしたら必ず逆転します。韓国はそういうチームなんです。最後は、時間を上手く使っての確実な勝利。さすがです。

・6月13日(火) F組 ブラジル 1 - 0 クロアチア
丸くなったロナウドにびっくり!両チームともに精細を欠いていたような気がします。
“大して強くねーじゃん”と思いました。特にブラジルの攻撃陣は楽しみにしていただけに期待はずれ。前半を見て就寝。

・6月14日(水) H組 スペイン 4 - 0 ウクライナ
サッカーはTVから目をそらすと、すぐに点が入ってしまいます。いいプレーを見逃します。それを思い知らされました。トイレにいっていたり、後半開始早々に点が入ったり、ゴールシーンを見逃してばかりでした。
スペインもウクライナのFWシェフチェンコに仕事をさせず。完全に押さえ込みました。このように、ヤバいストライカーが居ても、その人に仕事させなかったり、放り込んでくる人間を押さえ込めば、十分勝てるのです。
そんな試合をよく目にする今日この頃。

・6月14日(水) H組 チュニジア 2 - 2 サウジアラビア
たぶん眠くて試合の内容は覚えていませんが、“こいつらやたら身体機能高いな!”そんな感想を持った気がしています。

・6月15日(木) A組 エクアドル 3 - 0 コスタリカ
うーん全く覚えてないですね。こんなに得点入ったのに。たぶん眠かったんだろうな。

・6月15日(木) B組 イングランド 2 - 0 トリニダード・トバゴ
当然ながらトリニダード・トバゴを応援。トリニダード・トバゴにとっては旧宗主国である英国には負けられない一戦!こういうのって結構燃えます。
イングランドが一方的に攻め込みますが、トリニダード・トバゴもよく守る。後半も残りわずかなところ、英国のデカいFWがようやくヘディングを決めて先制点!その後のジェラードもミドルから豪快に決めてUKの決勝トーナメント出場決定。

・6月17日(土) D組 ポルトガル 2 - 0 イラン
イランを応援していましたが、あんまり覚えてないっすね。つまらなかったのかな?

昨日はクロアチア戦でした。日本の選手は本当によく戦った。勝負の世界だから勝ち負けが全て。だから甘い言葉は掛けたくないが、選手達は日本を代表して本当によく戦ったと思います。豪戦より全然いい試合をした。感動すらした感があります。
日本は残るはブラジル戦。少なくとも2点差で勝たなくてはいけないようです。
しかし自力出場の道が残されている限り、我々は諦めちゃいけない。勝利を信じて応援するしかないのです。
[PR]
by francis-sp | 2006-06-19 20:03 | サッカー評論

へぼサッカー評論~ワールドカップ・ドイツ大会・豪戦を終えて

c0024558_18183480.jpg
とりあえず日本の初戦が終わりました。日の丸の入ったシャツを着て、オージーワイン(白)を飲みながら観戦しました。
W杯が開幕し、これまでヨーロッパの良いゲームを観てきたので、日本のスピードや判断の遅さやが目立ってしまい、前半そうそう日本サッカーのレベルの低さを痛感してしまいました。
そして結果惨敗でしたが、色んなことが分かってきました。

・6月12日(金) F組 日本 1 - 3 オーストラリア
とりあえず日本のDF陣はこれ以上ないくらい、よい守備をしていたと思います。豪のデカいFWを相手に日本は当たり負けしていなかったし、マークもきっちりしていました。センターリングもぼんぼん放り込まれましたが、“とりあえず当たり負けはしない!”という厚い守備でした。高さで勝負してくるチームはある意味封じやすいのです。
GK川口もファインセーブを連発し、守備面に関しては前半は安心して観ていられました。
一方、FWのプレーを観ていると、相手DFとの当たり負けが目立ち(これは仕方ないが)、再三カウンターを狙うものの意図の分からないセンターリングや、FWが積極的にシュートを打っていかない場面があり、やや消極的に思えるプレーが目立ちました。挙句の果てには相手へパスをしてしまう始末…。

そんな日本の攻撃を観ていて思ったのは、もうこれは精神的なものではなく、実力の差なんだってことです。個々の選手の技量や経験の差なんだってことです。日本のFWはシュートを打たないのではなく“打てない”のです。きっと日本のFW陣は切り込んでいってシュートを打つ気持ちはあっても、ゴールが入る気がしていないのだなと。イメージがないのです。そういったプレッシャーの中で、自分より強いDFを相手にして、これまでシュートを打った経験がないし、そのためのテクニックもない。だからシュートを打てるのは、ノーマークで打てるミドルシュートのみ。きっとそうなんだろうなと思っていました。
とは言え先制点が生まれたのは、FW陣がまだ元気な時間帯に、積極的にボールに向かい相手GKやDFに背っていったことからだと思います。

とりあえず私が思うに、後半39分の豪の同点ゴールまでは日本は強かった。しかしオーストラリアは更に日本よりも強く、それに太刀打ちできる力が無かったのです。
ただそれだけだと思います。

しかしまだ日本のワールドカップは終わっていません!!
かなり厳しい状況は間違いないですが、何が起こるか分からないのがサッカーです。
それに期待するのも酷ですが、日本の優勝を願って応援します☆
[PR]
by francis-sp | 2006-06-13 19:05 | サッカー評論

へぼサッカー評論~ワールドカップ・ドイツ大会・打倒オーストラリア編~

c0024558_17543358.jpg

とりあえず最近はサッカー観てます。
開幕から毎日、出来るだけたくさん観てます。
明日の仕事のことなんか気にせず、スーパープレーを観るために深夜まで起きてます。

というわけで開幕しました、ワールドカップ!!
今大会はたくさん観ますよ~。やっぱりライブで観るサッカーは面白いのです☆
ドイツ風にウィンナー喰ってビール飲みながら観戦するのが正しい観戦の仕方です!!

とりあえず勝手にざっと評論(つーかただの感想?)します。

・6月9日(金) A組 ドイツ 4 - 2 コスタリカ
とりあえず記念すべき開幕戦。友達の家でビール&焼酎をあおりながら観戦しました。
コスタリカのまさかの勝利!!に期待しましたが、そんな番狂わせはなく、やはりドイツの勝利。前半6分のラームのゴールは素晴らしかった。なんであんなコース狙えるの??コスタリカの一発目のシュートが得点に結びついたのも素晴らしかった。
後半は酔っ払ってしまったので、あまり記憶ないです。

・6月10日(土) B組 イングランド 1 - 0 パラグアイ
この試合の先制点も早い時間帯だった。やはりベッカムの足から生まれたゴール!
緒戦で早くも自分の存在感を示す…。普通の選手にはないオーラというか華を感じてしまいました。なんとか逃げ切った感のあるイングランドでしたが、確実に勝ち点3をゲットするのでした。

・6月10日(土) B組 トリニダード・トバゴ 0 - 0 スウェーデン
トリニダード・トバゴってどこの国なんだい?世界地図帳を見ながら観戦しました。人種はインド・アフリカ系が多く、ヒンズー教徒も多いらしいです。スウェーデンは米国大会の頃、長身のケネット・アンディションやブローリンとかがいて、これがまた面白いゲームをするチームだった。
今回も長身FWがおりスウェーデンの怒涛の攻撃が続きましたが、トリニダードの控えGKヒスロプの好セーブ連発で、ついに最後まで得点を許しませんでした。サプライズ!!

・6月11日(日) C組 セルビア・モンテネグロ 0 - 1 オランダ
なんと言ってもオランダ・FWロッベン!!この選手スピードが凄かった!
GKとの1対1を冷静に決め先制点。キーパーの脇の下を狙いすましたシュート…。なかなか真似できないよアレは。
間違いなくスーパーゴール!!今後もロッベンに注目☆

・6月11日(日) D組 メキシコ 3 - 1 イラン
東洋一攻撃的サッカーをするイラン。力と力のパワー対決が面白かった。
私めイランを応援していましたがあえなく敗退。メキシコには派手さはないけど、組織的でしたたかさを感じてしまい、確実に勝利した印象。

とりあえず、今晩はオーストラリア戦!!日本の勝利を信じて応援します☆
[PR]
by francis-sp | 2006-06-12 17:53 | サッカー評論

へぼサッカー評論⑮ メキシコを語る。

“そういや日本代表はどうなったんすか?”
“コンフェデレーション・カップいつ始まるんだっけ? いつメキシコとやるんすか??”

昼休みにそんなことを思い出し、近くのヒトに尋ねてみたところ、すでにメキシコ戦は終わっており、1-2で惜敗とのことでした…

これだけサッカーサッカーと言っておいて、すっかり日本代表のことを忘れてしまう、、
私はやはりいい加減な男です。

メキシコと言えば、とりあえずアステカ??

僕がメキシコに初めて触れたのは、メキシコの料理を知り合いの家に食べにいったときじゃないかな。
僕が4、5歳の頃で、メキシコから帰ってきた母親の知り合いの家に遊びにいったのです。

何だか白い大豆みたいマメが入っているスープを食べた気がします。
味はまずかった。食べれなかった。それだけです。

次は、ギリシャ戦。
ギリシャに触れたことは正直一度もないなー。
[PR]
by francis-sp | 2005-06-17 19:52 | サッカー評論

へぼサッカー評論⑭ サッカーを愉しむ

c0024558_19133635.jpg

世界各地で地区予選が行われているようで、ボチボチ出場国が決まりつつあるそうです。
南米ではアルゼンチンがブラジルを破り、出場を決めたようです。
フランスは苦戦中。点が取れないらしいです…

俺の好きなスコットランド(弱いけれどゲームシャツがかっこいい)はどうなったんだろう。
サッカーに関してはアメリカも結構好きだ。アメリカではサッカーは人気ないけど、きっとヨーロッパの移民とかヒスパニックとか、きっとそいつらはメジャーリーグよりサッカーが好きで、遠い母国を想いながら応援しているからだ。
南米とかカリブ海地区とか、音楽に熱い国は基本的に好きだ。
東欧のサッカーも好きだ。ぜひ西欧の国々を倒して欲しい。

そんな世界各地の映像をTVで観ましたが、世界と日本ではハッキリ言ってレベルが違いすぎることを再認識いたしました。トラップして次のタッチへの速さ、次のプレーへ動き出す速さ。攻撃と守備の切り替え、まずそのスピードからして違う。今の日本のレベルでは到底かなわないと思いました。

中田選手も記者会見で同じようなことを言っていましたな。

まあ、そのレベルの違いに関してはどうしようもないことだ。全力で戦うしかないもんね。
[PR]
by francis-sp | 2005-06-10 19:18 | サッカー評論

へぼサッカー評論⑬ バンコクの喜劇

とりあえず、サッカー日本代表、ワールドカップドイツ大会の出場が決まりました。
おめでとうございます!!素直に嬉しいです。

あんなクソ暑い国でよくサッカーなんてやりました。
選手の皆々様、オツカレ様でした。

北朝鮮戦は後半から観てましたが、今までで一番いい試合だったと思います。

選手一人ひとりがゲームに集中して、自分の役割をひたすらこなし、忠実にプレーをしていた。
とにかく前へ前へボールを回そうとしていたし、一つ一つのプレーに意図が感じられた。DFはプレーでも気持ちでも当たり負けしなかったし、前線の選手も強気で勝負を仕掛けていた。
そしてとにかく集中していた。

これまでとは一味違う試合を観ながら “強いチームになった!” と一人感慨に浸っておりました。
このチームならドイツに行く価値はあるよな、、決して派手なチームじゃないけど “強さ” が感じられる、、きっとこの予選で成長していったんだな、、

そして “この試合もうドローでもいいよ” と思っていたら、柳沢さんがゴールを決めてくれました!!
こぼれ球に飛び込んでのシュート…FWらしい、素晴らしいプレーだった。

ところで、ドーハの悲劇、ジョホールバルの歓喜、、と続き、今回はどうなるんだろう??
[PR]
by francis-sp | 2005-06-09 18:22 | サッカー評論

へぼサッカー評論⑫ 北朝鮮戦

どうやら北朝鮮戦、タイはバンコクで行われるようですね。
無観客試合…どんな雰囲気の試合になるんだか。TVの中継はあるんでしょうか?

観客の歓声が無い分、音声として選手や監督やコーチたちの生の声を聞けるんでしょうか?
練習試合みたいだけど、それはそれでリアルで面白い気がします。

とりあえず、この前のバーレーン戦の勝利にて、日本代表の本大会出場がほぼ決まりました。
アメリカ大会やフランス大会の予選と比べると、何となしに盛り上がりに欠ける気がします。
僕も世間一般でも。

こんな当たり前のように本大会出場が決まっていいものか??
今のチームで本大会を戦えるのか??
そう思ったりもします。

しっかし、そうは言っても3度目の本大会の出場。
とりあえず本大会に出られるレベルに日本代表が成長したこと、アジア全体の実力が認められてアジアの出場枠が増えたこと、これから世界のレベルで議論ができるということ、、

そう考えると、日本のレベルは高くなったのかしらん。
そんな気がしてます。
[PR]
by francis-sp | 2005-06-06 19:36 | サッカー評論

へぼサッカー評論⑪ バーレーン戦

とりあえずバーレーン戦、日本代表勝ててよかったです。
やっぱり先制点取ったほうが勝つ試合だったし、1点が重い試合でした。

日本の選手がスタジアムに姿をあらわしたとき、彼らの顔つきで、“この試合いける” と踏んでおりました。
やっぱり中田選手のパスはヤバかったし、日本のディフェンスは素晴らしかった。

しかし中盤から後ろの、タテのロングパスは全くダメだった。全く意図が分からない…
アレックスさんの警告を受けた不用意なプレーも、あの時間帯では全くナンセンスなプレーだったし、観ていて残念なプレーだった。

しっかし、あと1勝でワールドカップ行けるというのに、あんまし気持ちが盛り上がりません…
僕もそうだし、なんとなく世間一般もそんな気がします。
今の日本代表がワールドカップの舞台に立っていいものか?
もっと面白いサッカーをしてほしい。こんな簡単に出場が決まっていいものか?
そんな気がしているのです。

というか、これだけサッカーサッカーと言いながら、試合開始時間を知らなくて、友達にメールして聞いてみたり、バーレーン戦の後半はつまらなくて寝てしまったり…

あいかわらず、いいかげんな男です。
c0024558_21255123.gif

[PR]
by francis-sp | 2005-06-04 21:29 | サッカー評論

へぼサッカー評論⑩ ところでバーレーン戦って何時から?

明日たぶんバーレーン戦です。何時キックオフなんでしょう??
これだけサッカーサッカーと言っておきながら、あんまり詳しいことは知りません。

バーレーン戦。おそらく先制点を取ったチームが勝ちます。
日本が先制点を取られれば、ズルズルと追加点が取られて負ケマス。

日本が万が一先制点を取れれば、そのあと1点は返されるものの、すぐに追加点を取り2-1で勝ちそうな気がしてやみません。

思いっきりハッタリをかましていますが、そんなパターンな気がするのです。
FWばんばんシュートを打って欲しい!!
それだけデス!!
[PR]
by francis-sp | 2005-06-03 20:24 | サッカー評論

へぼサッカー評論⑨ バーレーン戦

果たして次のバーレーン戦は勝てるのでしょうか?

キリンカップのUAEが “仮想バーレーン” だったのなら、負けちゃうってことですよね…
こりゃ参った。俺が参ってもどうしようもないんだけど。

バーレーン戦、負けちゃ困るんです!!ドイツに行けないんです。

TVでスタメンだとか戦術だとかジーコの采配だとかゴチャゴチャ言っているけど、そんなものは試合が始まらないとどうなるか分からない。ピッチにいる選手や、その日の調子や疲れやすさとか、自信だとか、相手の攻め方とか、、色んな要素で流れが秒刻みで変化していくもんです。
戦術があってもシミュレーション通りに試合が運ぶわけがない。

“ゲームという流動的なモノを、11人(22人)の個人が共有して、相手ゴールを目指す”
サッカーとは何か大きな生き物みたいで、もっと雰囲気的なものだ。

試合が始まらないと、ホントにどんな試合になるのか分からない。
“北朝鮮戦は勝てる” “日本有利” とかそんな風潮があるけど、そんなことは1%もない!!

ただ一つ言えることは、当たり前だけどサッカーほど “1点の重み” があるスポーツは無いってこと。

バーレーン戦は、日本が先制点を取れれば勝てるような気がするし、取られれば負けます。
そのためには、前へ前へ攻めること。前を向いてドリブルしたり、パスに逃げずにシュートを打つこと。ボールが空中に浮いたらヘディングで競ること、、

そんな基本的なことが一番大事なことだと思います。
[PR]
by francis-sp | 2005-06-01 18:26 | サッカー評論


音楽、旅、本、サッカー、日常などをテーマにfrancisが気ままテキトーに語っています。本でも読むような感じで、ゆっくり見てくれたら嬉しいです。


by francis-sp

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ライフログ

黄泉(よみ)の犬 (文春文庫)

Dis Is Da Drum

ライヴ

Live in Europe

Masterpiece

地の果てのダンス

3 Cities

THE WORLD OF TAIKO DUB

旅をする木

ワイルドサイドを歩け

今知りたい世界四大宗教の常識

カテゴリ

全体
A day in the life
秩父巡礼
インド旅行記
travel

音楽
today

最近
園芸ブログ
釣り入門
サッカー評論
ペニーレインでバーボンを
【庭】プロジェクト
未分類

お気に入りブログ

off the PITCH
*情熱大陸*ブラジルの写...
star name cafe

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧