cusco

c0024558_19143235.jpg

世界遺産の街、クスコは美しかった。

街の道路は石畳で作られていて、年代物のポンコツ車がその上を走ると“タカタカ…”とかわいい音がする。路は車のタイヤでピカピカに削れられていて、同じところを車は通るから轍が出来ている。建物の壁も石を積み重ねたものを見かける。

それには歴史があって、かつてこの地に暮らしていたインカ族が、この石組みを築いたらしい。十五世紀、インカ帝国はアンデス全域を制圧し繁栄を極めた。しかし十六世紀にはスペイン人がクスコに侵略し、既存の建物や文化、宗教を徹底的に破壊した。今のクスコの街並みは、インカの精密な石組みの上にスペイン人が作ったものである。

歴史はどうであれ、このクスコはリマよりも数倍、美しい。
山肌には集落があって、夜もまた眺めが美しい。

まだ高山病が続いていて、歩くだけで息切れがしてくる。
泊まった宿でコカの葉でできた“コカ茶”をご馳走になった。高山病に効くらしい。しかしこのコカ茶を飲むと葉の香りが強くて、昆虫になった気持にさせられる。

クスコは欧米からの観光客が多いようで、リマと比べても物価も高い。〈マチュピチュ〉から近いこともあって、この街は“観光地”であった。そして車の排気ガスもすごい。街は美しいが長く滞在する場所ではない、そう思った。明日はいよいよ列車で4時間かけてマチュピチュ村へ向かう。

アンデスの谷や山あいで暮らす人々のことを思った。バスの中から眺めた壮大なアンデスの風景を思った。この街よりも、あのバスの中で一晩眺めた景色の方が好きだった。

ごつごつした岩山に立つサボテン、明け方眺めた砂漠ような厳しい土地。
その地で暮らす人々は、どのようなことを考えて生活しているのだろうか。
[PR]
by francis-sp | 2008-09-29 19:41 | A day in the life


音楽、旅、本、サッカー、日常などをテーマにfrancisが気ままテキトーに語っています。本でも読むような感じで、ゆっくり見てくれたら嬉しいです。


by francis-sp

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ライフログ

黄泉(よみ)の犬 (文春文庫)

Dis Is Da Drum

ライヴ

Live in Europe

Masterpiece

地の果てのダンス

3 Cities

THE WORLD OF TAIKO DUB

旅をする木

ワイルドサイドを歩け

今知りたい世界四大宗教の常識

カテゴリ

全体
A day in the life
秩父巡礼
インド旅行記
travel

音楽
today

最近
園芸ブログ
釣り入門
サッカー評論
ペニーレインでバーボンを
【庭】プロジェクト
未分類

お気に入りブログ

off the PITCH
*情熱大陸*ブラジルの写...
star name cafe

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧