viaje del autobús

c0024558_1465688.jpg

ペルーの〈リマ〉から世界遺産の街である〈クスコ〉へ、長距離バスで約21時間かけて移動した。この旅は、この先々で国や街を幾度となくバスで移動するという、南米の旅の始まりであった。

南米のバスの旅は、生きている物を決して寄せ付けない荒涼とした大地をひたすら走る旅であり、“雄大”という言葉だけでは表すことが出来ない壮大なスケールのアンデス山脈を、飽きもせずひたすら眺めて、その景色を私の中でなんとか飲み込もうとする旅であった。

バスの旅は盗難などのトラブルが多いと聞いていた。
リマのバスターミナルで、自分の荷物が無事にバスのトランクに収められたことを確認した。手荷物はトイレに立つときでも片時も離さなかった。しかしそれは大げさなことでも何でもなく、現地の人々もそうしている当り前のことだった。リマの街を歩くと、地元の人でもショルダーバックを前で抱えて歩いている。街中であからさまにカメラを出したりしない。

指定されたバスの座席に収まり、街のはずれを抜けてしまうと景色が厳しいものに変わっていった。私は窓の外の風景に釘付けになり、かつて見たことのない風景に圧倒されていた。荒涼とした大地にひたすら伸びる一本のハイウェイ。バスの中で流されるスペイン語に吹き替えられたアメリカ映画が、その窓のすぐ外に見える風景と、どこか不釣り合いに感じた。

乗客たちは映画を見て楽しんでいる。
彼らにとっては、それらの風景はごく当り前のものなのだろうか。

クスコは標高3399mにある街で、標高は日本の富士山とそう変わらない。バスはゆっくりとアンデスの山地へと進んでいく。空気が薄くなっているのか、少しずつめまいや頭痛がしてきた。きっと高山病の症状が出てきたのだろう。やがて日が沈み、辺りが闇に包まれていった。景色はライトが照らされるバスの足元しか見えない。気温が下がり始めバスの中も肌寒くなった。私はブランケットを取り出して、包まるようにして眠った。

そうなってくると、このバスに全てをゆだねるしかない。それにしても拭い切れない心細さと不安がある。バスが故障したり転落してしまったら、アウトだなと思った。生きていると実感できることは、今このバスが走り続けることだけだとも思った。
どうか無事に闇を走り続けてくれ、そして朝になってくれ。

明け方、目を覚まし驚いてしまった。目の前が沙漠だったのだ。

朝になり太陽が昇り始めると安心する。大地が明るくなり、そして暖かくなった。
日が照りつけていても構わないから、暗闇よりはまだマシだと思った。太陽のありがたみを感じる。

〈クスコ〉というインカの高山都市は、かつて太陽神を崇拝するインカ帝国の都として栄えたらしい。太陽を神として崇めたという意味が、少し分かった気がした。
[PR]
by francis-sp | 2008-09-14 01:41 | A day in the life


音楽、旅、本、サッカー、日常などをテーマにfrancisが気ままテキトーに語っています。本でも読むような感じで、ゆっくり見てくれたら嬉しいです。


by francis-sp

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ライフログ

黄泉(よみ)の犬 (文春文庫)

Dis Is Da Drum

ライヴ

Live in Europe

Masterpiece

地の果てのダンス

3 Cities

THE WORLD OF TAIKO DUB

旅をする木

ワイルドサイドを歩け

今知りたい世界四大宗教の常識

カテゴリ

全体
A day in the life
秩父巡礼
インド旅行記
travel

音楽
today

最近
園芸ブログ
釣り入門
サッカー評論
ペニーレインでバーボンを
【庭】プロジェクト
未分類

お気に入りブログ

off the PITCH
*情熱大陸*ブラジルの写...
star name cafe

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧