秩父巡礼〈4〉

c0024558_19301748.jpg

坂を上っていくと『四萬部寺』が見えてきた。すぐ目の前には小さな宿があり、子供達が遊んでいた。秩父札所巡りの出発点として、この寺は位置付けられている。

お寺の境内を進んでいくと、そこは意外にも閑散としていた。

私はどこかぎこちないが、一通りの作法を行うことにした。
まずはお手水で口と手をすすぎ、線香を納め煙で身を清めた。そして本堂へと進み賽銭を納めて、静かに〈般若心経〉を唱えた。
こうした作法や般若心経を唱えるのは、生まれて初めての経験だ、、
ところどころつっかえながらも、心の中で旅を始められたことに感謝し、そしてこの旅がよい旅になるように祈った。

この寺には、石で作られた〈マニ車〉があった。
マニ車は回せば回した回数分、経文を唱えたことになると言われている。チベット仏教の寺院でよく見られるということを知っていたから、日本の秩父にマニ車があることがどこか不思議だった。

私は納経所へ行き、巡礼に必要な物を揃えることにした。納経所には人の姿が無く、“ご用の方はブザーを押してください”とだけ書かれていた。小さい納経所ながら一番目の札所だけに、衣服から杖から財布からお守りから、様々な巡礼用品が揃っている。
私は色々と迷った末、納経帳と白装束だけ購入することにした。この先どれくらいお金を使うか分からなかったし、今の私には余分に使えるお金が無かったのだ。

最後に、この札所を廻った証の御朱印を頂いた。
“納経所は5時で閉まっちゃうのよ。あと2時間だから歩きなら4、5番目まで行けるかしら?”
この寺で今から巡礼しようとしている人は、どうやら私しかいないようだ。しかし歩いて34ヶ所の札所を廻ることは、決して珍しいことでは無さそうだった。

さて、のんびりとしていられない、、時間は無いが行けるところまで行ってみよう!
白装束に身を包み、荷物を背負って歩き出したら、どこか肩の力が抜けていることに気付いた。さっきまでと違って身体が軽く、気持ちがすっきりして足取りが妙に軽い、、そうだこの感覚なのだ。

私はようやく〈旅〉に出ることが出来た。
[PR]
by francis-sp | 2006-10-18 20:38 | 秩父巡礼


音楽、旅、本、サッカー、日常などをテーマにfrancisが気ままテキトーに語っています。本でも読むような感じで、ゆっくり見てくれたら嬉しいです。


by francis-sp

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ライフログ

黄泉(よみ)の犬 (文春文庫)

Dis Is Da Drum

ライヴ

Live in Europe

Masterpiece

地の果てのダンス

3 Cities

THE WORLD OF TAIKO DUB

旅をする木

ワイルドサイドを歩け

今知りたい世界四大宗教の常識

カテゴリ

全体
A day in the life
秩父巡礼
インド旅行記
travel

音楽
today

最近
園芸ブログ
釣り入門
サッカー評論
ペニーレインでバーボンを
【庭】プロジェクト
未分類

お気に入りブログ

off the PITCH
*情熱大陸*ブラジルの写...
star name cafe

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧