「ほっ」と。キャンペーン

インドか!?

「焼き場のお客様、そのままですか?」

ボディーを焼く商売は、世界共通。
[PR]
# by francis-sp | 2013-03-07 18:59

ブレイン・シチュー

ザザッ

ザザッ

ザザッ

ザザッ・ザザッ
[PR]
# by francis-sp | 2013-03-07 18:53

チューハイお願いします!

「はい、失礼します」

「ありがとうございます」

やっぱり世界は茶番で動いている。
[PR]
# by francis-sp | 2013-03-07 18:44

It's a wonderland@新宿

c0024558_1420234.jpg

油断したら、そっちの世界へ持ってかれる。
でも楽しもう!
[PR]
# by francis-sp | 2012-08-16 14:20

東京オリンピック2020@渋谷

c0024558_1754437.jpg

側転もできません。
[PR]
# by francis-sp | 2012-08-15 17:54

トルーマン・ドクトリン@新宿

c0024558_17594164.jpg

どんな意味だっけ。
きっと“感傷にひたりながらビールを飲む”
[PR]
# by francis-sp | 2012-08-14 17:59

人生変えちゃう夏かもね@新宿

c0024558_17432176.jpg

今のところ心当たりないな。
[PR]
# by francis-sp | 2012-08-14 17:43

梅干し@新宿

c0024558_22513762.jpg

酸っぱいよ。塩分20%。
[PR]
# by francis-sp | 2012-08-03 22:51

Dear My Baby

我が息子へ

今日は2010年7月3日(土)です。君が産まれるのはもうすぐです。いつ陣痛が来て、お母さんのお腹から君が産まれてきてもおかしくない状況です。

今、お父さんが手紙を書いている目の前に、昨年10月にお父さん・お母さんが結婚式を挙げた写真があります。たくさんの人達から祝福を受け、神様からのお恵みを頂き、幸せな結婚式でした。そして、それからすぐに君がお母さんのお腹に宿りました。家族がすぐに増えてお父さん・お母さんはとても幸せで、今にでも君が産まれてくるんじゃないかと、少しドキドキしながら君の顔を早く見たくて楽しみに待っているところです!

今こうして、幸せに生活できているのは、君とお母さんのおかげです。お父さんはいつも感謝の気持ちでいっぱいです。それを結婚してから一度も忘れたことがありません。産まれてくるBaby君、幸せをいつもありがとう。心から感謝の気持ちで一杯です。

こんなにかけがえのない大切な家族と君だから、産まれてきたらたくさん可愛がり、遊んであげます。これまでお父さんに幸せをたくさんくれたBaby君だから、これから先は一緒に幸せをたくさん感じて一緒に幸せになろう。たとえ君が産まれたときに障害があっても、これから病気になっても、お父さんはずっと支えるし君の味方です。だから安心して産まれてきてください。

この手紙を君が読むのはいつでしょうか?20歳になったときでしょうか。君が結婚するときでしょうか。または君が反抗期に入り、お父さんの言うことを聞かなくなったとき、お父さんがこの手紙のことを思い出して君にこの手紙を差し出したときでしょうか。どんなときでも構いませんね。

しかし生きていく中で忘れてはいけないことを伝えておきたいと思います。それは、いつでも感謝する気持ちを忘れてはいけないということです。何気ない普通の暮らしや当たり前と感じる平和な生活が、実は本当の幸せということです。どうかそのことを忘れずに君らしく力強く生きていって下さい。お父さん・お母さんも同じ考え方でいます。

さて、もうそろそろ陣痛が起きる頃でしょうか。今晩かもしれませんね。君が産まれたてのクシャクシャの顔で元気にお母さんのお腹から出てくるのを心から楽しみにしています!!

父より
平成22年7月3日21:50
[PR]
# by francis-sp | 2010-07-04 16:29 | today

エルザの太陽

c0024558_16542640.jpg

エルザ・ソアレスはブラジルはリオ出身の女性歌手だ。
旅に出る前の日本で、たまたまレコード屋で見つけて、彼女の歌はよく聴いて好きだった。

もう80歳くらいのバアサンなのに、しゃがれた声でファンキーにハスキーに唄う彼女のことは、本国ブラジルでも大半のブラジル人は知っていた。サンパウロで2、3週間くらい同居していたマルコスも、エルザのことを知っていた。何気なく私が彼女の歌を口ずさんだら、彼もどこかで聞き覚えがある感じで唄っていた。昔、ラジオでよく流れていたという。

“Rio de Janeiro, Gosto de você” という歌詞だった。
“リオデジャネイロ、あなたが好きよ” という意味だ。

このリオの中心に近い〈Catete=カテチ〉という小さな街は、昨日まで居た〈イパネマ〉とは違って人々の生活の匂いがする。クソ暑い気候の中、街を歩いて〈チョップ〉と呼ばれる生ビールを数ヶ月ぶりに飲み、やはりブラジル料理であるフェイジョンを食べた。どちらかと言えば、私は人間臭い街の方が好きだと思ったりする。

ブラジルのアートは、近代的でありどこか斬新である。

サンパウロのヒッピー市でブラジル人の描く絵画を初めて見たが、彼らの描く“花”は大胆である。
“美しく感じたものを美しく描きたい” ただそれだけ。

目の前に花があるとしたら、彼らはキャンパスいっぱいに大きな花を描くのだ。茎とか葉っぱとか無視だ。バランスとか全体像とか日本人が気にするようなことは無視だ。自分が美しく描きたいものだけを描く。

それはどこか自然で人間らしく素敵なことだと思う。
だけどそのような感性がありながら、南米ブラジルでは建造物は無機質にポップに作り上げる。

この小高い丘に立つキリストの像もそうだ。
ロザリオを携えた男性が、観光客を尻目に静かに祈りを捧げていた。

祈りはいつでも静かだ。

リオでは芸術に触れてみようと街を歩いたが、国立美術館や博物館はストライキに入っていて、いつ再開するか分からない状況であった。経営が破綻して職員に給料が払えないのであろうか?それとも上部の人間が金を持ち逃げしたのだろうか?そうなってくると、イパネマ・ビーチで眺めたブラジル娘たちの大胆な水着姿の方が芸術的だと思えてくる。日中の太陽の日差しを避けココナッツジュースを飲みながら、それでもブラジルの太陽の恵みに感謝したくなる。

サンパウロにいるとき、面白い新聞の記事を目にした。
ある男が愛人を殺すために映画館に入り、映画を上映している最中に犯行に及んだという。ナイフか何かで愛人を殺した後、捕まるのを恐れたためすぐに映画館を後にしたそうである。ここまでですでにクレイジーな話だが、彼はそのあと映画の続きが気になって、映画館に戻ってきたというのだ。

当然、彼はその場で逮捕。新聞の一面を飾ることになる。

ブラジルを旅行していると、そんなハードな話をよく聞く。ブラジル人もこのニュースに関して「クレイジーだ。」と言っていた。庶民もまたそのような事件を見たり聞いたりして、自分の国がろくでもないことと、ろくでもない人間がいることを自覚している。

そんな街だから私は根城にしているホステルに帰り、まだ明るいうちから“ピンガ”と呼ばれるブラジルのキツい酒を一人飲んでいる。

私の泊まっている部屋は9人部屋〈ドミトリー=相部屋〉で、3段ベッドが3つ並べられている質素な部屋だ。この後にも先にもドミトリーにはお世話になったが、3段ベッドははじめてだった。ベッドのマットレスには蟻が住んでいて時折這い出してくる。しかし幸運なことにこの部屋は私一人しか宿泊していない。酔っ払って日記に曲がりくねった文字を綴ったりしている。

明日は、サン・ジョアン・デル・ヘイという静かな田舎町へ向かうことを決める。
ブラジルのバスもまた、他の南米の国々同様に物凄いスピードで走る。でもバスに乗ってしまった以上、もうどうにもならない。自分の大切な体を、そいつに委ねるしかないのだ。

エルザ・ソアレス、教えてくれ。
リオデジャネイロは愛してくれているか?
[PR]
# by francis-sp | 2010-02-28 17:30 | A day in the life


音楽、旅、本、サッカー、日常などをテーマにfrancisが気ままテキトーに語っています。本でも読むような感じで、ゆっくり見てくれたら嬉しいです。


by francis-sp

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

ライフログ

黄泉(よみ)の犬 (文春文庫)

Dis Is Da Drum

ライヴ

Live in Europe

Masterpiece

地の果てのダンス

3 Cities

THE WORLD OF TAIKO DUB

旅をする木

ワイルドサイドを歩け

今知りたい世界四大宗教の常識

カテゴリ

全体
A day in the life
秩父巡礼
インド旅行記
travel

音楽
today

最近
園芸ブログ
釣り入門
サッカー評論
ペニーレインでバーボンを
【庭】プロジェクト
未分類

お気に入りブログ

off the PITCH
*情熱大陸*ブラジルの写...
star name cafe

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧